スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイルン・ラストコード3【感想】

   
 【作品情報】
 エイルン・ラストコード
~架空世界より戦場へ~ 3
   著者:東龍乃助
   挿絵:みことあけみ/汐山このむ/貞松龍壱
 レーベル:MF文庫J

横線1
エイルン=バザットはロボットアニメ世界から召喚されたアニメキャラクターである。
氷室義塾機兵部の対マリス戦での活躍は大きな注目を浴び、
アメリカからデータ採取のため無人島遠征の依頼を受ける。
だが優秀なヘキサを狙う武装組織、さらにマリスまでもが来襲。
無事これを退けるものもエイルンが全治3ヶ月の重傷を負ってしまう。
セレンの精神は依然不安定なまま。クイーンが来襲すれば氷室義塾が崩壊する。
雷鳥は国際連合所属のマリス鎮圧部隊【ロイヤルガード】の
ネイバーチームの派遣を決定。
しかしエイルン不在の状況に焦りを覚えた紫貴の暴走が始まってしまい――!?

※公式サイトより

横線1

マリスという人類の脅威に加え、今度はそこに人間の思惑が加わってくる。
まあそりゃ氷室義塾内でみたってそれなりな軋轢がある以上、
より上位のレベルでイザコザが起きないわけがないんだよなぁ。
この手のお話ではお約束の事案ではあるけど、やっぱり何かと胸糞は悪いよねぇ。
ダウンしたエイルン、それをきっかけに始まる紫貴の暴走、
どことなくキナ臭さの漂うロイヤルガードと、何かにつけて問題だらけで頭が痛い。

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

いやいいね、今回も実に熱い!

とはいえキナ臭い背景は相変わらず、
取り分け不安を煽るのは一部のテンナンバーの人達かな。
これらが一体どういう立ち位置になっているのか話にどう絡んでくるのか、
エイルン達の活躍と合わせて非常に楽しみなところ。


横線2
<4巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

世界の終わりの世界録5【感想】

   
 【作品情報】
 世界の終わりの世界録5
降魔の大皇
   著者:細音啓
   挿絵:ふゆの春秋
 レーベル:MF文庫J

横線1
伝説の英勇エルラインが遺した至宝「世界録」。
その在り処を世界中の国や旅団が探し求める時代――
覇都エルメキアを舞台とした三大姫の大暴れで「再来の騎士」の名声が高まる一方、
レンは騎士王ゼルブライトとの激闘の末、新たな「英勇」としての可能性を顕示。
そして一行は最後の封印を解くために冥界へと歩みを進める。
危険すぎる道中の先に待ち構えるのは、
エリーゼの弟である現魔王ヴェルサレム、五大災、正体不明の沈黙機関。
過去と因縁に囚われし者たちが鎮魂曲(レクイエム)を奏でる中、
現在と未来を切り拓く偽英勇の熱き叫びがこだまする。

※公式サイトより

横線1

最後の法印を得るため、冥界へと向かう「再来の騎士」。
にしても、冥界に入る前も後も、道中の環境が色々とおかしいデスネ…;
いやほんと、よくレン生きて乗り越えられたな…;
(まあ何かあったらエリーゼ達が手を貸すとは思うけども)

思わぬ人助けをしながらも冥界に着いた後は、
見知った顔があったりして妙に笑ってしまう。
かつてあれだけ死闘を繰り広げた相手とふつー(?)に会話したりする様は、
これでいいのかと思いつつもまあ悪魔ならではのマイペースさもあるんだろうなと
思ってみたりみなかったり。
とりあえず魅亞が完全にチョロ残念な子で噴いた

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

正体の見えてきた沈黙機関に、
何やら不穏な動きを見せる王立七十二階位特務騎士団(の一部)。
レンの次の行く手には何が待ち受けるのか、非常に楽しみ。

横線2
<6巻の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

ノーゲーム・ノーライフ7【感想】

   
 【作品情報】
 ノーゲーム・ノーライフ7
 
ゲーマー兄妹たちは定石を覆すそうです
   著者:榎宮祐
   挿絵:榎宮祐
 レーベル:MF文庫J

横線1
悠久の大戦の果て、ゲームで全てが決まる世界へと変わった【ディスボード】――
けれど、手段が暴力からゲームに変わろうとも、
勝者が敗者を蹂躙し、犠牲を重ねる『定石』。
幼き日の巫女は嗤った……「なにも、変わってなどいない」と。
――だが、裏切り、騙し、欺き合う者達が、それでも互いを信じられるというならば。
命を賭けた賽子で、位階序列一位・神霊種の双六すら食い破れるならば。
「そん時こそ認めたる。変われる――変えられる世界に、確かに変わっていたとッ!!」

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
遂に切られた神霊種との対戦カード。
そのゲームの内容は世界規模の双六、
勝負の過程または結果で"死"も有り得るという過酷なもの。
さらにはゲーム開始直前24時間の記憶がない…というおまけまでついてきて、
この状況を空白達がどう覆すのかにワクワクさせられる!

…んだけど、どうにも締まりきらないのが空白らしいというかこの作品らしいというか;
勝負とかそれ以前の所で割と真面目に死にそうになってる展開に苦笑してしまう。
まー当人達にとっては笑い事じゃないんだけれども;
殺しご法度のこの世界においてこうもあっさりと死にかねない理由があることなんて
綺麗さっぱり失念しておりましたわ;

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

三つの大きな局面を迎えた対神霊種戦。
ここから空白達がどう巻き返しを図るのかが楽しみ。



で、少々余談。
とりあえず作者さんにも色々あったみたいだし、
一年超刊行が空いたというのは仕方ないしいいんだけど、
こういう時は冒頭に「これまでのあらすじ」でも入れてもらえると助かるなぁ;
(あとがき見るにページ数余ってるみたいだったので余計にそう思った;)
実際問題細かい所の記憶が結構あやふやなもんで…。
というかどの作品にも言えることなんだけど、刊行開く開かないに関わらず、
某ラノベ作家M氏の作品みたいに常に入れてもらってもいいくらいなんですけどねぇ;

横線2
<6巻の感想を読む>
<5巻の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

放課後のゲームフレンド、君のいた季節【感想】

   
 【作品情報】
 放課後のゲームフレンド、君のいた季節
   著者:むらさきゆきや
   挿絵:白身魚
 レーベル:MF文庫J
 ▼評価を表示
横線1
豹人族の拳士リオーグを操る少年はMMORPGクロスレヴェリにおいて、
卓越した反射神経で《上位喰い》の異名を持っていた。
ある日、学校で親しくなった女子は、妖精のように可憐な容姿で、名を観月夢亜という。
しかし彼女は廃ゲーマーで、性格に難アリの残念系ぼっち美少女だった!
気に入られてしまった少年は、
夢亜が引き起こす数々のトラブルに見舞われつつも仲良くなっていき……
そんな騒々しくも楽しい日常が、ずっと続くと思っていた。
けれども、彼女には秘密があって――。

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
ゲーマー少女との楽しく、そして切ないファンタジーMMORPG&学園ストーリー。

プレイしていたMMORPGとちょっとしが偶然をきっかけに、
不登校気味の廃ゲーマー美少女にしてクラスメイト・観月夢亜と知り合った主人公。
ことクロスレヴェリのことになると暴走しがちな夢亜と、
そんな彼女とゲームを通じて仲良くなっていくリオの関係にニヤニヤするなぁ。
正直なところ結構失礼な行動やら言動やらがあったりもするのだけど、
それを差し引いても可愛いと思えてしまうのは裏表がないからか。
あるいは見たそのまま美少女だからか

リオが夢亜と仲良くなるにつて、知ることになる彼女の秘密。
物語の後半はここを基軸に進んでいくのだけど…
うーん個人的には少々もやもやするものを感じてしまうかなぁ。

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

世界の終わりの世界録4【感想】

   
 【作品情報】
 世界の終わりの世界録4
異端の覇王
   著者:細音啓
   挿絵:ふゆの春秋
 レーベル:MF文庫J

横線1
伝説の英勇エルラインが遺した至宝「世界録」。
その在り処を世界中の国や旅団が探し求める時代――
聖女エリエスとの邂逅を経て、揺るぎない決意を胸に刻んだレン。
次の目的地として一行は、不穏な動きを見せる
「王立七十二階位特務騎士団」の真意を測るべく、
エリエスの「カナン巡礼聖教船」と共に覇都エルメキアを目指す。
待ち受けるのは、世界最強の男・騎士王ゼルブライト、
そして精霊の怯えの正体を探る剣聖シオン。
「みんな気づいたんだよ。
もしレンに『英勇の資格』なんて呼べるものがあるとすれば、それは――」。
偽英勇は、やがて伝説となる英雄たちの輪舞曲の中心で、その存在を証明する――

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
次なる目的地は、「王立七十二階位特務騎士団」の本拠・覇都エルメキア。
今回も船旅…ということでまたしてもキリシェが大変な事に;
さしもの竜姫様でも船酔いばかりは如何ともし難いらしい;
それにしても船旅と聞いて立ったまま気絶するキリシェに
ここぞとばかりに全力で拘束するフィアとエリーゼ、
そこまでやっても脱走して隠れて(多分)駄々こねて
頑なに船に乗ろうとしないキリシェが面白すぎる。 子供か

エルメキアに着いた後も、
「偵察の為に来たんだから気を緩めるなよ(キリッ」なんて言ったすぐ後に
お菓子食べ歩きの観光客と化してるのが可笑しいと言ったら; やっぱり子供か
どこぞの大天使様は大天使様で一人で呑んだくれてるし
ほんとマイペースにも程があるだろ;
(とはいえこれでもやるべき事はきっちりやってるのは流石と言うべきか;

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

碑文の三賢者から得られた真相の断片、
現代の最強と対峙したレンがこれからどのような道を進み、成長を遂げるのか。
物語も冒険も次の冥界編からが真骨頂ということで、まだまだ先が楽しみな作品です。


横線2
<5巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。