スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:星とハチミツの存在証明


 【本日の読了】
 タイトル:星とハチミツの存在証明
   著者:藤八景
   挿絵:よー
 レーベル:このライトノベルがすごい!文庫
 my評価:B

星とハチミツの存在証明(テスタメント) (このライトノベルがすごい!文庫)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
かつて一番星光世はヒーローだった母を失った。
それから11年、平穏な高校生活を送っていた彼の前に、
非日常は何の前触れもなく訪れる。
異形の襲撃者から光世を救った、蜂蜜色の髪の少女が差し伸べた手。
それは、存在の力“ザイ”をめぐる、証明者(テスタメント)と
修正者(コレクター)との終わりなき戦いへの扉だった――!
「俺が、世界を照らす光星(ヒーロー)になってみせる!」

※公式サイト紹介文より

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆総評◆
超×3王道ストーリーというだけあって、直球勝負な作品でした。
主人公の覚醒・挫折・成長、ヒロインとの仲違いなど、
王道を地で進む展開が熱く、決して嫌いではないのです…が。
熱さやノリを重視しているせいか、
それ故に突っ込みポイントが目立ったのは残念でした。

またそれとは別に、厨二ネーミングというか厨二ルビが全開なので、
合わない人はとことん合わないかもしれません。
個人的には厨二ネーミングそれ自体は平気なクチなのですが、
ルビが多すぎなせいでちょっと読みにくかったのがどうにも;

ちなみに一部抜き出してみました↓(一応反転表示)

「輝き渡れ……!砕け得ぬ(アンブレイカブル)――星々の瞬き(スターリアクト)!」
(↑主人公の攻撃セリフ)

「鋭利(シャープ)に切り裂け、憤怒の如き棘殺刑(ジャヴェロット・フェローチェ)!」
(↑ヒロインの攻撃セリフ)

「甘すぎた情熱(フレイム・クリーム・プラネット)」
(↑敵の名前)


大体こういう調子です。

(厨二ネーミングと突っ込みポイントはともかくとしても)
ノリ自体は決して嫌いではないので、次巻は…まあお金と時間に余裕があれば、
といったところでしょうか。次巻が出ないことには始まりませんが;

▼▼▼感想の詳細を全て表示▼▼▼


スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。