スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラノベ読了感想:対魔導学園35試験小隊 1.英雄召喚

対魔導学園35試験小隊1.英雄召喚 (富士見ファンタジア文庫) 【本日の読了】
 タイトル:対魔導学園35試験小隊 1
   著者:柳実冬貴
   挿絵:切符
 レーベル:ファンタジア文庫
 my評価:A
対魔導学園35試験小隊1.英雄召喚 (富士見ファンタジア文庫)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

(2巻購入にあたって再読しました)

魔女・魔導遺産などの魔導に関わる問題を取り締まる異端審問会、
その異端審問会の育成機関である対魔導学園の一学年第35試験小隊のお話です。

雑魚小隊(通称)…ってストレートにも程がありすぎです。
別に雑魚って程雑魚じゃないと思うんですけどねぇ。

剣を極めた剣術バカ。
(でも剣以外は才能マイナスな上、基本的に銃(この世界の主流武器)には勝てません)

並外れた腕前の狙撃手。
(でも極度のあがり症でフレンドリーファイア上等です)

成績トップクラスの武器整備士。
(でもピーキーな扱いづらい武器しか作りません)

…やっぱり雑魚かもしれません。

とまあそんな凸凹問題児小隊に、異端審問官の資格を剥奪された
ヒロイン・桜花が編入することになるわけですが、
無愛想、非協力的、犯罪者相手だとすぐキレて暴走という、
このヒロインも随分な問題児なわけでして…。

でもまあ桜花がやたらと気丈なのは、
過去のトラウマから自身を奮い立たせてるだけで、
本来は普通の娘さんなんですけどね。
あんぱん食べてる姿が面白可愛いです。もふもふ。

というか桜花の過去は凄惨すぎです。
精神崩壊とか起こしても普通なレベル。

以下、ネタバレ要素強めです。


で、そんなこんな(端折り過ぎ)で敵さんの召喚した、
勝利が約束されてそうな武器を持った英雄と戦うことになる
雑魚小隊の面々ですが…誰ですか雑魚とか言ったの。ゴメンナサイ。

先行して戦った桜花がアヴァろ…ではなく防御障壁を壊してたとはいえ、
英雄相手に一歩も引かず、一時的とはいえ英雄を圧倒する雑魚小隊まじパないです。
得意分野の地力は高い人達ですしね。
普段はマイナス能力がプラス能力を上回ってるだけで。
や、結局タケル君真っ二つになってますけどね?

ですがラピスと契約した後のタケルはほんと凄まじいです。
元々体に対する負荷が酷すぎて殆ど使えなかった
フィ○カル・フル・バースtもとい掃魔刀の能力を
フルで発揮できるわけです。強くないわけがありません。
やったねこれで雑魚とか言われないよタケル君!とか思いましたけど
ラピスの能力って無断で使えるものでもないので
やっぱり普段は雑魚のままですねきっと。合掌。

しかし結局、タケル達の活躍も鳳の手の上の出来事だったかと思うと
ちともやもや感が。
タケルをラピスと契約させるためとはいえ、平然と他の学生を捨て駒にする
鳳マジえげつないです。この理事もなんか色々抱えてそうですけどね。

鳳の策謀でだいぶ味方陣営に犠牲が出てしまいましたが
不幸中の幸いは、タケルの活躍で桜花の壁が取り払われたことでしょうか。
(最後の活躍がなくてもそのうちデレてたでしょうけども。)
他のメンバーとどう接していいか分からずわたわたする様が可愛いです。

とりあえず今作品、変化球気味だった前作「Re:」に比べると、
かなりド直球な感じの作品ですね。
個人的には前作の方が面白いと思いますけど(というより前作がツボすぎた)、
今作も今作で美味しく頂けました。
王道とかベタな作品が苦手な人には合わないかもしれませんが…。


変態ホーンテッドの2巻ヒロインと思われるマリたんへの発言。

「ああいう子こそ恥辱や屈辱を味あわせて泣かせてやるべきだろう?(略」
「瞳に涙を溜めて顔を真っ赤にしながらこっちを睨んでいる姿を(r」


…ちょっと同意しかけてしまった僕はもう色々と駄目な気がします。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。