スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:おれと一乃のゲーム同好会活動日誌9


 【本日の読了】
 タイトル:おれと一乃のゲーム同好会活動日誌9
   著者:葉村哲
   挿絵:ほんたにかなえ
 レーベル:MF文庫J
 my評価:B

おれと一乃のゲーム同好会活動日誌その9 (MF文庫J)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
なんやかやで同居することになった宗司と一乃、キリカ、フェルたち。
荒谷学園ゲーム同好会はついに白崎家まで侵攻してきたのだった!
まず、昨今イケメン化著しい宗司が満を持して自宅にて最高のホワイトデーを提供する。
そして二年生最後の部活動を楽しむ一乃に仕掛けられた最悪の罠、
アンダースコート大作戦、
さらには再び繰り返される裸エプロン(下に水着を着てるよ)戦争!!
宗司の胃袋を、家庭を制するのは誰だ!?「戦争は――なにも生み出さない(by宗司)」

※公式サイト紹介文より

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆総評◆
いつもどおりのハーレム(ラブ)コメディ。
ある意味ではこれ以上ない安定感を誇る作品です。
ただ…あまりにもいつもどおり過ぎてとりたてて書くべき感想が無いというのが
どうにもこうにも;(いや、かなり真面目な話)

ちょろめんどくさい一乃さんを筆頭とした宗司弄りは
いつもどおりで確かに面白いのですが、
「いつもどおり」というのはプラスにもマイナスにも働くわけで。
そして個人的には、さすがにそろそろ目に見えて飽きてきた感じですね。
(ぶっちゃけ前巻時点でも結構飽きてましたが…)

そんな訳で決してつまらなくは無いのですが、
さすがにこれ以上、身銭を切って買うほどではないかなぁ…。
次が最終巻!とか銘打ってあればまた話も違うのですが、
なんかまだ続刊予定とか書いてありますし。

ちなみに↓の感想について、一応折りたたんではいますが
とりたててネタバレらしいネタバレは含んでおりません。
(そもそも書く内容が殆ど無い)
というかバレ足りうる内容自体、作品内にないですしね…。

▼▼▼感想の詳細を全て表示▼▼▼


スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。