スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天鏡のアルデラミン10【感想】

    【作品情報】
 
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンX
   著者:宇野朴人
   挿絵:竜徹
 レーベル:電撃文庫

横線1
帝国から亡命を図るアルデラ教徒に、
捕虜収容所から脱走したエルルファイ少将をはじめとするキオカ海軍が加わることで、
一気に力を増す敵を目の前に、
出征しきていた女帝シャミーユは安全のために東へと移動する。
一方、〈不眠の輝将〉ことジャン率いるキオカ陸軍&アルデラ神軍に東から追撃されて、
マシュー少佐らは西に向かって撤退していた。
やがてシャミーユとマシューたちは合流する。
しかしそれは、彼らが東西から敵に挟まれることを意味していた。
シャミーユ、トルウェイ、マシューたちカトヴァーナ軍が陣取ったのは、
垂直を越える角度で切り立つ峻険な崖が
南北に数キロにもわたって続いている卓状台地の上。
地形を利用して、なんとかキオカ軍の攻撃を防ごうとするのだが、
ジャンの意外な策略によって、絶体絶命のピンチに陥ってしまう。
もはやこれまで……と思ったとき、そこに現れたのは――!

※公式サイトより

横線1

パトレンシーナの裏工作とジャンの指揮によって、
確実に窮地に追い込まれていくマシュー達帝国軍。
そんなマシュー達の元に現れたのは──って、
まあ前巻読んでれば誰が来たかなんて分かりきったことではあるのだけど、
それでもようやく"彼"が復活したことに、胸が打ち震える!
そこからの反撃もさることながら、彼が戻ってきた事によって、
騎士団とシャミーユが以前と同じ空気に戻ったことが、何より嬉しい。
デコピン一発でトルウェイを"引き戻す"のは実に彼らしいというか。
マシューもこれくらいやってやれば良かったのにねぇ;
まあマシューもこの二年相当テンパってた訳だし厳しいか;

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



横線2
<9巻の感想を読む>
<8巻の感想を読む>
<7巻の感想を読む>
<6巻の感想を読む>
<5巻の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。