スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現実主義勇者の王国再建記【感想】

   
 【作品情報】
 現実主義勇者の王国再建記
   著者:どぜう丸
   挿絵:冬ゆき
 レーベル:オーバーラップ文庫
 ▼評価を表示
横線1
「おお、勇者よ!」
そんなお決まりのフレーズから異世界に召喚された
相馬一也の冒険は――始まらなかった。
自らの富国強兵案を国王に献策したソーマは、なんと王位を譲られてしまう!
しかも国王の娘が婚約者に……!?
まずはこの国を立て直すため、
ソーマは自身にない知識・技術・才能を持つ者の募集を開始する。
王となったソーマの前に集まった五人の人材。
果たして彼らはいかなる多種“多才”な能力を持っているのか……!?
その現実主義的な思考は、ソーマを、そして国民をどのように導くのか――。

※公式サイトより

横線1

導入はいつものアレ。
召喚者自体は別に悪人という訳ではないのだけど、
その召喚者の国の立場のマズさから、召喚されたソーマが自分の身を守る為に、
現代知識やら何やらで色々対策を提案した結果…王位を譲られてました、というお話;

使える人材を公募し、選り抜き、その人材を活用して国を立て直していく。
あくまで指導者という立場で、そうやって立て直していく話自体は面白いんだけど、
いくら現代人とはいっても、一介の学生に過ぎないソーマが、
現代知識をここまで多種多様に、適切に采配できる点には少々違和感を覚える。

後は好みの問題でしかないんだろうけど、正直所々のギャグが寒いというか…;
(ポンチョのミドルネームとか)
この辺りの要素のせいで、ソーマというキャラクターが掴めない…;

   :

ソーマが今巻のラストでやろうとした事が、具体的にどういうモノなのか
(倫理的な視点で見ればロクな事じゃないんだろうけど)
気になるは気になる…けど、続きを読むかどうかは微妙…かなぁ;

横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。