スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本好きの下剋上2-3【感想】

   
 【作品情報】
 本好きの下剋上

 ~司書になるためには手段を選んでいられません~
 第二部 神殿の巫女見習いIII
   著者:香月美夜
   挿絵:椎名優
 レーベル:TOブックス

横線1
騎士団の前で強大な魔力を見せつけたことで、マインは貴族の間で注目を集めていた。
だが、我関せずとばかりに、本を作る情熱は高まるばかり。
より多くの人々に安価で本を届けられるよう、印刷技術を向上させていく。
その結果、マインの利用価値を狙う者が出現。
危険を察知した神官長は、彼女を神殿に匿うことにする。
家族と離れた、マインの長い冬籠り生活が始まるのだった。
誰もが本を読める世界へ――。その始まりを告げる「金属活字」の完成。
厳しい寒さを乗り越え生まれる、マイン一家の新しい「命」。
春の訪れと共に、今後の未来を予見するビブリア・ファンタジー転換の章!

※公式サイトより

横線1

あ、今巻から当シリーズの記事タイトル、部-巻の形式にしました(超今更感

   :

「金属活字」──鍛冶職人見習い・ヨハンのパトロンという形をもって、
マインの本作りもここまで来たかと感嘆せざるを得ないなぁ。
ないないづくしの状況から始まり、マイン当人も幾度となくぶっ倒れ(&死にかけ)、
それでもこの歴史を変えかねない局面まで漕ぎ着けた、
マイン(麗乃)の本にかける情熱は、良くも悪くも本物だと感じさせられる。
(歴史云々に関してはこれまでの発明品についてもそうだし、
本狂いについてはまあ何を今更って話でもあるけど;)

ただそれでも、前回のラストで麗乃時代の過去を見たこと、
今回の話で家族と過ごせるまでの期限が完全に切られてしまった事もあり、
本よりも家族を優先出来るようになったのは、
これまでのマインには見られない成長だとも思う。
でもグーテンベルク連呼でぶっ倒れるのは相変わらずマインらしすぎるけど;

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



次巻で第二部は完結との事なので、続きを楽しみにしたい。

あとはリアルの方で出張終わってるといいなぁ出先でこの本買うと重いんですもの…;


横線2
<2部4巻の感想を読む>
<2部2巻の感想を読む>
<2部1巻の感想を読む>
<1部3巻の感想を読む>
<1部2巻の感想を読む>
<1部1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。