スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の終わりの世界録6【感想】

   
 【作品情報】
 世界の終わりの世界録6
終焉の精霊
   著者:細音啓
   挿絵:ふゆの春秋
 レーベル:MF文庫J

横線1
伝説の英勇エルラインが遺した至宝「世界録」。
その在り処を世界中の国や旅団が探し求める時代――
冥界に突如現れた沈黙機関の手により、
終焉の島へ向かうために必要な悪魔法印を奪われてしまったレンたち「再来の騎士」
追い詰められた事態の中、レンは、ある秘策に望みを託して結界突破に挑む。
時を同じく、終焉の島を目指して集結する王立七十二階位特務騎士団と沈黙機関。
世界の終わりと始まりが交響曲を織りなすその場所で熾烈を極める世界録争奪戦。
そして偽英勇は、英勇しか知らない世界の真実と出会う。
「こんな世界のままで終わらせない。
俺が絶対、アンタの目指した未来まで辿りつくから」

※公式サイトより

横線1

沈黙機関に悪魔法印を奪われてしまった「再来の騎士」。
沈黙機関への対抗策、あるいは悪魔法印の代替策を考える中、
五大災・ルルの正体が明らかになるのだけど…なるほど、そういうことか。
五大災の中でも少々異色というか、風格を感じさせる佇まいではあったけど、
それなら非常に納得ですわ。
まあ過去がどうであろうとルルさんが大変可愛い事には変わりがないので
別にどうでもいいんですけどねールルさんマジ天使悪魔だけど

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



横線2
<7巻の感想を読む>
<5巻の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。