スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜は神代の導標となるか4【感想】

    【作品情報】
 竜は神代の導標となるか4
   著者:エドワード・スミス
   挿絵:クレタ
 レーベル:電撃文庫

横線1
東部の覇者はどちらか? ついに雌雄を決する時がきた。
名将バネッサの陰に隠れがちだが、スコットは紛うことなき俊英である。
この会戦を機にさらに才能を開花させた青年が、カイの前に立ち塞がる。
これは東部戦線を占う戦いだけではない。勝者は英雄への道を突き進む。
歴史に名を刻む存在になることを誰もが予感していた。
最終決戦は知略をつくし、大軍を縦横に動かす総力戦となった。
そして伝説の一騎打ちが始まる。最新鋭の鉄騎竜メシエを駆るスコット。
同盟の象徴となった騎士竜レイバーンを駆るカイ。勝者は果たして?

※公式サイトより

横線1

カイ達同盟軍とクロンダイクの戦いは後半戦へ。
カイも、エレナも、カナも、メリダも、それぞれの役割を担って戦いに赴き、
それぞれがまた一様に格好いいのだけれど、
やはり今回はアーロンの活躍が際立っていたかな。

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

これからお話がどうなっていくのか非常に気になる…のだけれど、
本シリーズはここで一区切りで、次からはまた別のシリーズになるとのこと。
読者の反応次第では続きが出るかも…とあとがきで語られてはいるものの、
まあ難しいだろうねぇ…好きなシリーズだけに悲しきかな。


やっぱりバネッサがヒロインの一人とか言ったのがまずかったのk


横線2
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。