スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブンス【感想】

   
 【作品情報】
 セブンス
   著者:三嶋与夢
   挿絵:ともぞ
 レーベル:ヒーロー文庫
 ▼評価を表示
横線1
女神を崇め、剣と魔法が存在する世界で、
領主貴族の嫡男として 生まれたライエルは15歳で家を追い出される。
理由は――妹のセレスに敗北したから。
過去には天才、麒麟児ともてはやされ期待されたライエルだが、
セレスによって屋敷では徐々に冷遇され軟禁生活を送っていた。
傷ついたライエルは、屋敷の庭に住み込む老人に助けられ、
宝玉のついた首飾りを受け取る。
老人が先代――ライエルの祖父から預かっていた、
【アーツ】が記録された青い玉は、ウォルト家の家宝とも言うべき物だった。
歴代当主七人のアーツが記録された宝玉を託されたライエルは、
それを持って屋敷を去るのだった――――。

※公式サイトより

横線1

表紙にヒロインどころか女性キャラ不在でまさかの野郎×8…だと…;
主人公ソロで女性キャラ不在とかはあっても不思議じゃないけど、
野郎のみ8、しかも1巻の表紙とか色々とチャレンジャーすなぁ…;
別に取り立てて女性向けな作品というわけではないので悪しからず

   :

当初は天才と将来を期待されたライエルが、
それを遥かに上回る天才の妹・セレスが才覚を現してきた事により、
完全にいらん子扱いされてるのがきっついなぁ。
それでも両親に認められたい一心でひたすらに努力を続けてきた結果が、
妹との決闘でボロ負けした挙句に家を追放とかもう、ねぇ?

そして唯一まともだった家の庭師の老人から受け取った家宝の宝玉というのが…
過去の当主(7人分)の記憶と能力を引き継いだというもので、
それはそれは素晴らしいものだとは思うんだけど…うん、ぶっちゃけうるさいね;
常に過去の当主(7人分)から一挙手一投足を監視され、
あれこれ口出し(しかも9割方がダメ出し)され、
しかも勝手に口出しされるたびに魔力を消費してく(消費しきると気絶)とか
もう殆ど呪いのアイテムと紙一重なんじゃ;
まあ見てる分にはこれが非常に面白可笑しくはあるんだけどね;

そこそこ戦闘の腕は立ち、本質的な所で頭が悪い訳でもないんだろうけど、
なにぶん箱入り貴族の跡取り息子&途中から軟禁状態だったという事もあり、
こと世俗の常識に疎いのが見ていてハラハラする。
もう何から何まで元婚約者のノウェムにお任せって感じだものなぁ;
そしてノウェムが良い子すぎる…。
(まあこの子もこの子でそこはかとなく闇が深そうな感じもするけど;)

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

ただやはり現時点の難点はといえば、基本的に何から何まで
ノウェムか先代達の知識と能力に助けられているという印象が強いことか。
故に主人公の成長を楽しむ…と言うには現時点では少々弱いかも;
まあ個人的には嫌いって訳でもないし、主人公の後ろの掛け合いも面白いので、
(続きが出る上でかつ時間があれば)続きも読んでみたいかな。

横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。