スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青雲を駆ける3【感想】

   
 【作品情報】
 青雲を駆ける3
   著者:肥前文俊
   挿絵:3
 レーベル:ヒーロー文庫

横線1
ナツィオーニからやってきた三人の新弟子たちは、
早速、村人たちからから大きな反発を招いてしまう。
領主の息子ダンテは歓迎会の席で喧嘩を始める。
カタリーナはエイジを誘惑しようとしてタニアの反感を買う。
レオは技術にしか興味がない。
……はたして、三人をこのまま受け入れるべきなのか。
村では新弟子たちの処遇が話しわれ、彼らをどうするかは
師匠になるエイジに託されることになった。
熟考の末、エイジが出した結論とは――――!?
愛する妻と、鍛冶場と村の未来を守るため、エイジは奔走することになる。

※公式サイトより

横線1

前回の騒動の果てに、ピエトロとは別に
新たに三人の弟子を受け入れる事になっ(てしまっ)たエイジ。
レオはともかくとして、領主の息子という立場から俺様絶対主義なダンテと、
何かとエイジに色目を使ってくるカタリーナの二人については、
もう騒動の種にしかならないのがありありと見えて頭が痛くなる。
まあ互いの間に火花飛ばしまくりなカタリーナとタニアの方は、
見てて面白いっちゃ面白いんだけどねぇ;
ただタニアの方がだんだん人外染みたスキルを
身につけていってる気がしてならないのがオソロシイ


まあカタリーナの方はね、エイジが毅然とした態度で接すれば
さしたる問題にはならないんだけど(なお毅然としているとは言ってない)、
ダンテの方はなぁ…;

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

少し構成とか描写に思う所はあったけど、他では中々見られない鍛冶描写、
少しずつ発展していく村の様子は見ていてやはり面白い!
キャラに関しては、新弟子の三人も良いけれど、
だんだんと出番増量&面白キャラと化してるエヴァが非常に良い感じな印象。
代わりに旦那の出番が減ってる気がするが

そして新たに発生したトラブルには、どう対応していくのか。


横線2
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。