スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余命一年の勇者2【感想】

   
 【作品情報】
 余命一年の勇者2
   著者:からす
   挿絵:桑島黎音
 レーベル:モンスター文庫
 ▼評価を表示
横線1
本の紹介
フォーゼルハウト帝国により、戦う奴隷としてクラスごと異世界へ召喚された少年・神護悠。
命をかけた魔物たちとの戦いを何とか生き残った悠たちだったが、
依然、帝国の戦奴として服従する日々が続いていた。
そんなある日、悠たちは帝国に呼び出され、今後の生活についての説明を受ける。
そこで悠は、この世界で最初に出会った友であるエルフの美少女ティオが、
かつて悠をイジメていた粕谷の奴隷になったことを知ってしまい――。

※公式サイトより

横線1

異世界に召喚され魔物と命懸けの戦いを(とりあえずは)乗り越えた悠達。
クラスメイト達から少なくない死者も出、生き残った者も帝国に飼われてる様な状況で、
おおよそ碌でもない状況なのは間違いないんだけど、
それでも悠が冬馬達を始めとするクラスメイト達と和解し、
彼が求めていた願いが、現実になっているという点に関しては心が和むなぁ。
まあ悠とルルの事後現場見ちゃった朱音の心境は和むどころの話ではないだろうけど;
とりあえずルルさんは普段は頼れるおねいさんという感じなのに、
時々厨二病こじらせるのが面白可愛くて良いですね!
"閃光の魔猫"とその設定にフイタ

悠達以外にも、悠達より先んじて現代から召喚されている人達も居て、
こちらもこちらで色々とクセが強いというかなんというか;
まあクセは強いとは言ってもどちらかと言えば"個性"のレベルであって、
粕谷みたいなクズっぽいのは(今のところ)居ないのが幸いかな。
今回の新キャラ勢では、美虎っちゃんも好きなのだけど、
個人的には伊織はもっと好きかなぁ。
割とテンプレ化してきた感もなくはない属性だけど、
方言を恥ずかしく感じて普段はひた隠しにするけど
テンパると地が出るというのは実にあざと可愛くて良いですね!

そして粕谷の方はというと…
あーもう分かりやすすぎるくらいのクズっぷりに反吐が出そうだわ。

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

うん、面白い!
話の内容的に前巻よりかはヘビーさは抑えめだけど、
魅力的な新キャラの追加、悠の信念を貫き通すかの様な戦闘描写と、
一気に読み進めたくなる面白さがあるね。

序列制度に関しては、書籍版で追加した設定らしいけど、
個人的にこういうのは「第○位はどんな能力なんだろうなぁ」とか
ワクワクしながら読めるので結構気に入ってます。
厨二脳と言われても甘んじて受け入れる所存

後はもうちょっと刊行ペースが早いと嬉しいデス;


※2016/01/17追記
記事タイトルに【感想】の文言をつけ忘れてたのでつけました。
心底どうでもいいというか、言われなければ気づかないレベルだとは思いますが一応…;

横線2
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。