スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覇剣の皇姫アルティーナ10【感想】

   
 【作品情報】
 覇剣の皇姫アルティーナ10
   著者:むらさきゆきや
   挿絵:himesuz
 レーベル:ファミ通文庫

横線1
舞台はハイブリタニアとランゴバルトの連合軍に占領された城塞都市グレボヴァール。
第二皇子ラトレイユに請われたレジスは帝国第一軍の軍師として、
都市奪回作戦に参加することに。
レジスの作戦により、
都市内への潜入に成功したヴァレイズ三等武官は少女フェルの協力を得て、
捕虜となった市民達の代表者と会うために行動を開始するのだった――。
ハイブリタニア編ついに決着!?

※公式サイトより

横線1

前巻ラストのレジス視点より引き続き、城塞都市グレボヴァールの攻略戦。
レジスの仕込みやヴァレイズの働きがこれからどう影響を与えるか、といった状況。
とりあえずレジスにとっては城塞都市の攻略よりも最大の懸念だった試験が
ラトレイユの計らいでどうにかなった事に一番安堵してそうだけど;
明らかにレジスにとっちゃこっちのが鬼門だろうしなぁ;

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

4巻から続いていたハイブリタニア編もこれにて完結。
今回の活躍で皮肉にも本格的に目をつけられる事になったレジスが、
今後…というより何よりさしあたっての眼前の脅威をどう切り抜けるのか。


横線2
<9巻の感想を読む>
<8巻の感想を読む>
<7巻の感想を読む>
<小綺譚の感想を読む>
<6巻の感想を読む>
<5巻の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。