スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイルン・ラストコード3【感想】

   
 【作品情報】
 エイルン・ラストコード
~架空世界より戦場へ~ 3
   著者:東龍乃助
   挿絵:みことあけみ/汐山このむ/貞松龍壱
 レーベル:MF文庫J

横線1
エイルン=バザットはロボットアニメ世界から召喚されたアニメキャラクターである。
氷室義塾機兵部の対マリス戦での活躍は大きな注目を浴び、
アメリカからデータ採取のため無人島遠征の依頼を受ける。
だが優秀なヘキサを狙う武装組織、さらにマリスまでもが来襲。
無事これを退けるものもエイルンが全治3ヶ月の重傷を負ってしまう。
セレンの精神は依然不安定なまま。クイーンが来襲すれば氷室義塾が崩壊する。
雷鳥は国際連合所属のマリス鎮圧部隊【ロイヤルガード】の
ネイバーチームの派遣を決定。
しかしエイルン不在の状況に焦りを覚えた紫貴の暴走が始まってしまい――!?

※公式サイトより

横線1

マリスという人類の脅威に加え、今度はそこに人間の思惑が加わってくる。
まあそりゃ氷室義塾内でみたってそれなりな軋轢がある以上、
より上位のレベルでイザコザが起きないわけがないんだよなぁ。
この手のお話ではお約束の事案ではあるけど、やっぱり何かと胸糞は悪いよねぇ。
ダウンしたエイルン、それをきっかけに始まる紫貴の暴走、
どことなくキナ臭さの漂うロイヤルガードと、何かにつけて問題だらけで頭が痛い。

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

いやいいね、今回も実に熱い!

とはいえキナ臭い背景は相変わらず、
取り分け不安を煽るのは一部のテンナンバーの人達かな。
これらが一体どういう立ち位置になっているのか話にどう絡んでくるのか、
エイルン達の活躍と合わせて非常に楽しみなところ。


横線2
<4巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。