スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:ソードアートオンライン11


 【本日の読了】
 タイトル:ソードアートオンライン11
   著者:川原礫
   挿絵:abec
 レーベル:電撃文庫
 my評価:A+

ソードアート・オンライン11 アリシゼーション・ターニング (電撃文庫)
横線1
キリトが謎のファンタジー世界に入り込み、ユージオと出会って二年が過ぎた。
≪北セントリア帝立修剣学院≫の≪上級修剣士≫となった二人は、
人界最強の秩序執行者≪整合騎士≫目指し、修行の日々を過ごしていた。
≪上級修剣士≫のキリトとユージオには、身の回りの世話役があてがわれる。
キリトにはロニエ、ユージオにはティーゼ。
四人は互いに絆を結び、充実した修士生活を過ごしていた──その時。
突然、≪悪意≫はやってきた。ロニエとティーゼが、下劣な貴族達の罠に嵌められる。
それを知ったユージオは彼らに対して剣を抜こうとするも、
教会への信仰心で身体が動かない。その時、
ユージオの右目に凄まじい激痛が貫き、奇妙なしるしが浮かび上がる。
それは、ユージオには読めない神聖文字の羅列だった。──【SYSTEM ALERT】。

※公式サイト紹介文より

横線1

◆ユージオ◆
自らの剣に込めるべきものが見つけられないユージオ。
真っ直ぐな性根の彼だけに、自尊心というともすれば薄っぺらいものを
剣の強さに変えてくるウンベール達の存在は納得の行かないものがあるでしょうね…。
アンダーワールドの性質を考えれば、自尊心だろうがなんだろうが、
一つの収束した意思が強さになるのはある意味当然といえば当然なのですが、
キリトはともかくユージオがわかるわけもなく。
(もちろんウンベール達の自尊心は、AW的に言えば所謂"負の心意"でしょうから
誉められた性質のものではないのでしょうけど)
それでもその差をソードスキルの技量のみで同等に持っていくのは
さすが、という感じでしたね。ユージオも成長したなぁ。
…とはいえ。
ウンベール達の逆恨みなのでユージオが悪いわけではないのですが、
このことをきっかけとして起こる一連の事件を考えるとやるせないものがあります。

彼の葛藤も相当なものだったと思いますが、ティーゼとロニエを助ける為に、
禁忌目録に抗い、ウンベールを斬り伏せた彼の行動に男気を感じました。
例え法の上ではユージオ側が悪であったとしても、彼の行動は賞賛に値します。
(もちろんキリトもね)

   :

本編150P、「今この瞬間はまだユージオの~」
つまりティーゼが未来の嫁ということですね、きっと。
ユージオめ、うまいことやりやがって…。

◆幕間◆
相変わらず甲斐甲斐しくキリトを見守るアスナ。
当面は特に問題らしい問題もなさそう…でしたが
こちらにも若干不穏当な影が見え隠れし始めてますね…。
おそらくはアンダーワールドに悪意を植えつけた人物でしょうが
こっちもこっちで心の休まる間もないなぁ。

(↓ネタバレ反転)
投獄、脱獄、そして世界の真相
ライオスとウンベールを斬ったことにより、当然の如く投獄されるキリトとユージオ。
そして連行の為にやってきた整合騎士はまさかのアリス。
でもその当のアリスはユージオの事など全く覚えてない様子で、
ただの罪人としか見てないのだから
ユージオはショックなんてものではないでしょうね…。
もしかしてこの巻のテーマってユージオ虐め?

投獄されるた後、キリトの機転で脱獄するも、対面するのは新たな整合騎士。
キリトなら、キリトならきっと何とかしてくれる…そうは思いつつも、
そう都合よくは行かないか。新人とはいえ整合騎士の実力は半端無いです。
(まあキリトの装備もおおよそ万全ではないですが)

更に追加された整合騎士から逃げる手引きをしてくれたのは、
まさかの「カーディナル」。ここでその名前が出てきますか…とかなりびっくり。
カーディナルがロリBBAな事に更にびっくり。(これはまあどうでもいいです)
そしてカーディナルから知らされた真実は…本当に驚愕でした。
クィネラの現状も気になりますが、
個人的にはアンダーワールドに悪意を植えつけた存在が気になります。
こいつもポンチョ男の一派だったりしないでしょうね…。

(↑ネタバレ反転)

◆まとめ◆
いやいや実に面白かったです。
キリト無双も悪くはないのですが、
個人的にはキリト以外にスポットが当たった方が面白く感じますね。
(まあこの辺は完全に好みですけれど。)
しかしこの作者さんは、ほんとにこういう小物臭いムカつく小悪党をよく書くなぁ。
いやこの巻を読む直前にSAOアニメの24話で変態須郷を見たせいで
余計そう思うのですけど;

アンダーワールドにも現実世界にも不穏な空気が漂う中、
キリトは無事、現実世界に帰還することができるのでしょうか。

◆余談◆
次はAW…ということで、いつものごとく巻末に予告が載ってましたが…
ちょ、なにこのけしからん綸たんは。
まったく、実にけしからんですねいいぞもっとやr
そして背後のマゼンタ・シザーが怖ぇ。

横線2
<読了感想:ソードアート・オンライン12>
<読了感想:ソードアート・オンライン プログレッシブ>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。