スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:魔遁のアプリと青炎剣

 【本日の読了】
 タイトル:魔遁のアプリと青炎剣
   著者:天鴉蒼
   挿絵:ねりま
 レーベル:電撃文庫
 my評価:B

魔遁のアプリと青炎剣 (電撃文庫)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
対立する巨大メーカーによって東西に二分された都市。
その中央に位置する高天原学園では、
両企業が開発する携帯端末《スマートギア》と特殊なアプリを使って、
能力者たちが成績を競っていた。
東区傘下の青龍院に所属する祇堂拓真は、
年間成績上位30名に与えられるEXアプリ保持者として新年度を迎える。
そんな拓真の前に現れた転校生ユマは、
学園生に必要不可欠なある能力を失っていて──。

※公式サイト紹介文より

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆祇堂拓真◆
主人公。変に捻くれてもなく、正義感の強い好青年。
実際、その正義感の強さには好感が持てるのですが、
心なしか印象が薄いんですよね…。
せっかく唯一無二のEXアプリを持ってる割にはあんまり活かせてないからか、
あるいは仲間のバックアップや協力の方が優秀な気がして
貢献度がいまいちな感じがするからか。
ユマを助けるシーン等々、見せ場もあったはずなのですが、
鶴との最後のバトルは優介やユマの貢献が大きく、
その後の○○○とのバトルもユマの貢献の方が大きい気がするのがどうにも。
主人公ならでは!という見せ場があんまり無かったのが原因かもしれませんね。

◆奏咲ユマ・ライラ◆
強力な月夜見の力を持ちつつも、それを使うことが出来ないワケありヒロイン。
その力や過去のトラウマに翻弄されつつも、
しっかりと前を見据えて進むその様に胸が熱くなりました。

…月夜見の力以外にも何かありそうな感じですが、はてさて。

◆霧島彩華◆
強気っ娘ヒロイン。
拓真の事が好きなのに、素直になれない態度についにやにや。
ユマという強力なぽっと出のライバルにもフェアであろうとする
彼女のその強さに感服しました。
個人的にはユマより彩華派です。(どうでもいい)

◆松尾優介◆
拓真の親友にして、シニカルなメガネ君。
拓真への皮肉の効いたツッコミが面白いです。
四季競技祭ではさりげなく一番貢献度高い人な気がするんですがどうでしょう。
さすがろりこn

◆鶴亀トリオ◆
能力的にはかなりのものなのでしょうが、揃いも揃って小物感が拭えない…
というのが正直な感想です。
立ち位置的に、主人公達の良きライバルあるいは避けて通れない壁みたいな
感じかと思っていたのですが、やってることはどうにもこすっからい事ばかりで、
しかも割と簡単に主人公達に対応されてるあたりがもうね。

そういえばなんで菊の字ってああも拓真に執着してたんでしょうね。
あと本文と口絵の解説で個人成績のランクが違ってる…。
(口絵だと18位、本文だと15位だったはず)

◆スコア制度◆
ありとあらゆる行動をスコア化して、東西で競わせる…のはいいです。
審判員による判定が全てなので、審判員が来るまで妨害工作なんでもあり、
というのもまあいいです。が、救助活動とかの緊急を要するものまで
そのルールが適用されるのってどうなの?と思いました。
救助活動とかは被害者の救出を最優先にできるシステムにしましょうよ…。
というか救助活動時の菊の字のあの対応は最悪でしょう。
公正な監視役とかお目付け役の指導担当をつけろと思わずにはいられません。

◆まとめ◆
うーん、なんでしょう。
つまらなくはないのですが、全体的に読み終わった後の印象が薄いというか…。
キャラの掘り下げと見せ方が甘いのかな。
威盗人のくだりはいっそ全部取っ払って、ユマの成長と、鶴亀トリオとの対立を
メインにしてもっと掘り下げた方が面白かったかもしれません。
キャラや設定の下地は決して悪くないだけに、ちょっと勿体無い作品でした。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。