スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呼び出された殺戮者2【感想】

   
 【作品情報】
 呼び出された殺戮者2
   著者:井戸正善
   挿絵:lack
 レーベル:HJノベルス
 ▼評価を表示

横線1
オリガとカーシャの敵の一人を始末し、
さらに黒幕を探すべく敵地ヴィシーの奥深くへとを進む一二三たち。
道中出会ったヴィシーの兵士アリッサが不当にも逮捕されたところを見かけた一二三は、
更なる戦いの匂いを嗅ぎつけてアリッサ救出へと動き出す。
次なる戦いも、彼を満足させることができるのか――。

※公式サイトより

横線1

ヒフミが出て殺す!(挨拶
…とかふざけて言ってはみたけど、
大体これで説明がついてしまうというのが色々な意味で凄いなこの作品…;

   :

トラブル解決の褒章(…解決?…褒章?)として、
子爵位と自分の領地を手に入れた一二三。
そこから更に、より戦乱を巻き起こすべく、
ヴィシー側を煽ったり(煽るというか、脅迫?)、
自分とこの兵士に殺しの技術を仕込んだりと、
やってることは色々とおかしいのに、
一二三だからなぁ…で納得出来てしまうのが面白い。
こういうのもある種のカリスマというのかしらね;
(一二三に巻き込まれる側はたまったものじゃないだろうけど)

とはいえ、今回はあまりにもさくさく一二三が殺しすぎるせいで、
少々味気ないというか、記号的に感じる部分もあったかなぁ。
確かに敵対した相手しか殺してないとはいえ、
今回は敢えて敵対するように仕向けてる部分も多いからねぇ…。
敵対こそすれ、別に悪党という訳でもない人間もいるので、
前巻にあった痛快さ的な要素は薄い印象。
その行動自体は一二三らしく、
他作品では中々見ることの出来ない面白さでもあるのもまた事実なんだけど、
今巻は前巻以上に人を選びそうな感じかな。


後はオリガが一二三に心酔しすぎててある意味一二三よりおっかないよこのヒロイン;
逆にカーシャはその辺はだいぶまともな神経を持ってるようではある。
(パジョーに引っ張られてる部分もあるだろうけど)
今後はこの両名の殺し合いなんかもあったりするのかねぇ。

   :

おまけの異世界召喚のちょっと前のエピソードについては…
うん、この異世界召喚がなかったら現代で死人が出ていたんですね;
その結果、現代で出たかもしれない被害の何十倍何百倍もの被害が
異世界の方で出ることになる訳だけれども;

横線2
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。