スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想のヒモ生活7【感想】

   
 【作品情報】
 理想のヒモ生活7
   著者:渡辺恒彦
   挿絵:文倉十
 レーベル:ヒーロー文庫

横線1
結婚式に出席するため、ガジール辺境伯領へとやってきた善治郎とフレア姫。
そこで待っていたのは、ガジール辺境伯家次女と名乗る少女ニルダだった。
アウラからの事前情報では、ガジール辺境伯家の娘はルシンダ一人のはず。
警戒感を抱く善治郎。その数日後に問題が発生する。
ナバラ王国使節団の騎士ライムンドが、
誤って立ち入り禁止区域に足を踏み入れてしまう。
その一件をきっかけに事は次第に大きくなっていく。

※公式サイトより

横線1

アウラの名代として、フレアと共にプジョルとルシンダの結婚式に訪れた善治郎。
本来であればそこまで大事にはならないはず…だったのだけど、
ガジールさんちに本来いないはずの次女・ニルダがいるわ、
隣国の将軍と騎士達も結婚式に参列にくるわと、
まあ順当に事が進むはずもないんだよなぁと思ってしまう;
善治郎の王族としての対応もそれなりに板についてきたとはいえ、
他の人達との会話や対応でもでも相応に気を使わなけりゃだし、
善治郎は相変わらず頭が痛そうだ;
…しかしほぼ常時尊大(?)な態度の善治郎というのも中々に新鮮だのう。

そのニルダは、親のガジール辺境伯が実直な人柄故か、
極めて好感の持てる歳相応の少女…という感じなのだけれど、
隣国の兵士が立ち入り禁止区域に入ったのを見かけたのが
彼女(とフレア)だったのが話を余計に大きくしてしまうのがままならない。
まあ立ち入り禁止区域なんて言っても間違えて入ってしまえる程度の場所、
本来なら口頭注意程度で済むはず…だったのにどうしてこうなった;
ニルダの立ち位置も考えた上で立ち回る善治郎の苦肉の策や、
クリスの視野狭窄気味な価値観による発言や態度も加わって、
加速度的に話がややこしくなってくることが、頭が痛いやら可笑しいやら;

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   ;

と、結局はトラブルに見舞われる善治郎だった、というある意味いつものお話でした。
このまま行くとフレアが側室になる可能性もだいぶ高くなりそうだけど、
果たしてどうなることやら。


横線2
<8巻の感想を読む>
<6巻の感想を読む>
<5巻の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。