スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:六花の勇者3


 【本日の読了】
 タイトル:六花の勇者3
   著者:山形石雄
   挿絵:宮城
 レーベル:スーパーダッシュ文庫
 my評価:A

六花の勇者 3 (六花の勇者シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
テグネウの脅威にさらされたまま、魔哭領を奥へと進む六花の勇者たち。
その道中、ゴルドフが突如「姫を助けに行く」とだけ告げ、
アドレットの制止を振り切って姿を消す。
不可解なゴルドフの行動に、六花は再び混乱に陥る。
ゴルドフが「七人目」なのか、それとも何かの策略にはめられているのか…!?
さらに、再び現れたテグネウは凶魔たちの内紛について語り、
挙句に自分と手を組まないかと提案をしてくる。果たしてその真意とは?

※公式サイト紹介文より

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆いきなりまとめ◆
今回も謎が謎を呼ぶ展開、その真相、息もつかせぬ展開で楽しませていただきました。
(本編に直接絡まない部分で二、三気になった箇所もあったのですが…)
しかしまた中々に気になる真実をばらまいたところで終わりましたね。
全く、こんな終わり方をされたら気になって仕方がないじゃないですか。
というわけで次巻も期待しております。

   :

以下、残りの感想となりますが、
その内容の性質上多分にネタバレ成分を含みますので、ご了承下さい。

―――――――――――――――――

◆side:アドレット◆
相も変わらず七人目が誰かわからず疑心暗鬼に陥る一行。
そんな折、終始上の空だったゴルドフが突如として単独行動を取り出す。
状況もわからず、ゴルドフが七人目という疑いだけが強まる中、
罠にかけられて瀕死のチャモ、ドズー対策として協力を持ちかけるテグネウ等々、
一体何が起こっていて、何が真実かわからない状況に本当にやきもきさせられました。
そして結局の所、今回アドレット一行は完全な道化だったのが残念でした。
まあ今回はゴルドフが主役なので仕方ないといえば仕方ない…のでしょうか?
テグネウの協力を踏み倒したのはまあそれなりに魅せてくれたと言えるかもですが、、
結局テグネウの曖昧な情報に踊らされてましたからね…。

◆side:ゴルドフ◆
今回の主役。
アドレット視点で不可解だったゴルドフの行動の真意と、
その他の局面の真相が明らかになる度に、驚愕せずにはいられませんでした。

以前から彼の行動にはナッシェタニアありきな部分は感じられてましたが、
今回語られたゴルドフの過去を知って、ああ納得、という感じでしたね。
きっかけは偶然と一目惚れみたいなものでしたが、
最底辺の生活の中、誰からも疎まれて生きてた所に、
打算無しで本当に必要とされたらそれはコロッと落ちても不思議じゃないですね。
当時の粗暴な性格とは裏腹に純粋そうですしこの男。
それだけに六花としての理性と、ナッシェタニアへの思いのせめぎあいで
どうしていいかわからずに迷い続ける様が見ていて本当に辛いです。

聖具の力でナッシェタニアの声を聞き、罠かもしれないと思いつつも、
ナッシェタニアを助けるために孤軍奮闘する彼は本当に熱かったです。
六花として見れば裏切りにも等しい行為かもしれませんが、
それでも彼の過去を知った後ではやはり中々責めきれないですね。
(勿論、六花の勝利を信じているであろうこの世界の人間からすれば
たまったもんじゃないのですけd)

ナッシェタニアを助けようと行動する内、
直面したテグネウから語られた真実は…してやられた、って感じでしたね。
今回はテグネウの一人勝ちか…?と思わされましたが、
テグネウから無能と蔑まれ、自身もそれを認めながらも
それまでのドズーの会話からヒントを見つけ、
終いにはアドレットさえも利用してナッシェタニア(とチャモ)を助けた
ゴルドフには感服させられました。

◆チャモ◆
今回くらい大人しければ結構可愛げがあるのになぁ…と思ったのは
少々不謹慎でしょうか;

◆ちょっとした疑問◆
今回の事件で重要になったのが、チャモに仕掛けられた罠の稼動範囲。
周囲半径1km以内に術者が居る、ということで作中の勇者様達も
だいぶ意識していたようですが…
何でこの人達こんな正確に半径1kmがわかるんでしょうか。
そりゃあ六花の勇者+1たるものを一般常識で括るのもアレですが、
やや不可解に感じました。
後、稼働範囲に入ったゴルドフをすぐ見つけられるというのもちょっと。
半径1kmの範囲って、適当に動いてもそうそう鉢合わせするような
広さじゃないと思うのですが。
別に障害物の一切ない更地というわけでもないですよね…。
本当に些細なことではあるのですが、ほんの少しだけ気になりました。
(もし僕が何らかの描写を見落としてたとかだったらゴメンナサイ)

それともう一点。
今回アドレットは最初から最後まで完全に噛ませ状態でしたが、
どうにもゴルドフを活躍させるために道化を演じさせられた感が少しだけ。
確かにナッシェタニアを見つけるのはゴルドフでなければ無理だったと思いますが、
溶岩地帯の匂いで身隠しの術をごまかしてる、という所までなら、
アドレットなら十分に気づいても良さそうなんですよね。
(アドレットの場合はナッシェタニア自身が隠れてる、
と勘違いしてはいるわけですが、それはそれとして)
まあ正直な所、これについては言いがかりにも近いのですけどね。
アドレットにも不調な時はあるんでしょう、きっと。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。