スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天鏡のアルデラミン8【感想】

   
 【作品情報】
 
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン8
   著者:宇野朴人
   挿絵:竜徹
 レーベル:電撃文庫

横線1
国を大きく揺るがしたクーデターから約二年。
第二十八代皇帝となったシャミーユは、反発の気運漂う国内を、
トルウェイ中佐やマシュー少佐を従えつつ、強硬な手段をもって治めようとしていた。
一方、隣国のキオカ共和国でも内紛が起こる。
その鎮圧にあたったのは、当世の麒麟児ジャン少将。
そこで彼は科学者アナライと出会い、進化の兆しを見せ始める。
歪みを抱えたままの新生カトヴァーナ。日の出の勢いのキオカ。
二国間の熾烈な戦いは、新たな局面を迎えることになる。
そしてイクタは……。

※公式サイトより

横線1

シャミーユがすんごい悪い顔してるうううう;

前回ラストで予想だにしない結末となり、新たに迎えた新章の開幕。
…なのだけど、まず描かれるのはキオカの状況。
今までは帝国(イクタ)視点だったから詳しくはわからなかったけど、
こうしてみるとキオカも色々な火種を抱えてるものだねぇ。
イクタの前だと冷静さよりも感情が前に出がちなジャンだけど、
こういう通常の状況下で発揮される、
その指揮官としての腕前は見事なものだと思わせられる。
(内乱を起こしている相手の練度もお世辞にも高いとはいえなかったしね)
しかしアナライのじーさんがこんな状況下でも
すこぶるマイペースなのにちょっと笑ってしまうなぁ。

そして肝心の帝国の側は──
シャミーユの見事なまでの暴君っぷりに、本当にどうしてこうなった…。
トルウェイとマシューが見ててほんと辛いわ…。

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

時系列をを少しだけ未来に移して開幕した新章。
今回の全体の話としては新章のプロローグといった体ではあるけど、
アナライとの出会いを果たしたジャンがこれからどう話に絡んでくるのか、
そして何より以前に伏線こそあったものの最後にぶち込まれた新たな爆弾に、
これから話がどう展開されていくのか滅茶苦茶気になるんですが!

横線2
<9巻の感想を読む>
<7巻の感想を読む>
<6巻の感想を読む>
<5巻の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。