スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:覇剣の皇姫アルティーナ


 【本日の読了】
 タイトル:覇剣の皇姫アルティーナ
   著者:むらさきゆきや
   挿絵:himesuz
 レーベル:ファミ通文庫
 my評価:A

覇剣の皇姫アルティーナ (ファミ通文庫)
横線1
剣も弓も苦手で、本ばかり読んでいる落ちこぼれ軍人のレジス。
左遷された辺境で、彼は運命を変える少女と出会う。
赤い髪、紅い瞳を持ち、覇者の大剣を携えた皇姫アルティーナ。
落胤が故に、14歳にもかかわらず、辺境軍の司令に任じられていたが
、彼女は己の境遇を嘆くことなく、とある大望を抱いていた。
「あなたを信じるわ」少女から軍師として求められたレジスは
共に困難へと立ち向かっていく。
覇剣の皇姫と、読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー!!

※公式サイト紹介文より

横線1

◆レジス◆
読書狂の文官。あと軍師(予定)。
戦闘能力としては底辺もいいところ、頭の方は結構切れる癖に、
その自信の無さ故にどうにもパッとしない印象もある彼ですが、
自分の生き方にはしっかりとした矜持を持っている所に好感が持てます。
(それに自信が無いとは言っても、それはどちらかというと自分への評価であって
おどおどして意見が言えないとかそういう類のものではないですしね)
ジェロームに語った損得勘定のお話は、前提をちょっと性善説に偏らせてるかな?
とも思いましたが、それはそれで彼の矜持なのでしょうし。

レジスの自信の無さは生来の性格に依る部分もあるのでしょうけど、
前の領主を死なせてしまった事でより拍車がかかってるんでしょうね。
別にレジス自身が悪い訳でもないですし、助けられる人を助けたその事実は
むしろ相応に誉められてしかるべきなのですけど…
中々本人としては割り切れないでしょうね。
仕方ないと言えば仕方ないのかもしれませんが、やるせない。

それでもアルティーナの熱意と行動にほだされ、
軍師としてアルティーナと命運を共にすることを決めたレジス。
これからの道が艱難辛苦の連続となることは想像に難く無いですが、
それをどのようにして切り抜けるのか、楽しみにさせてもらいます。

それにしてもこの男、随分とメイドさんに好かれますね…。
まったくけしからn

◆アルティーナ◆
熱血直情径行怪力お姫様。
大剣ぶんぶん振り回すとかどんな鍛え方してるんですかこの姫様は。
というか一介の将軍に決闘で対等に渡り合うとかもうね。
ラノベにそういうのを突っ込むのは無粋なのでまあその辺は置いときますけど。

年齢のせいか性格のせいか(多分両方)、割と大胆な行動が目立ちますが、
それでも物事の本質はきちんと捉えてる辺り、結構しっかりしてるよな、と。
彼女の大願は、自身の立場と国の現状を併せて考えると
おおよそ達成不可能なようにも思えますが、
それでも彼女が覇権を取れるものと信じたい。

◆ジェローム◆
北方辺境連隊の将軍様にして元トップ。この人も色々と辛いよなぁ。
軍人としての実力は相当なものなのに、
その実力を逆に疎まれて辺境に左遷される…
国のトップが腐ってると周りはほんとたまったもんじゃないです。

元々そうなのか、左遷のせいで捻曲がったのか知りませんが、
喋り方が悪役のそれにしか見えないのは僕だけk
とはいえレジスやアルティーナを(表向きは別として)侮るでもなく、
その腹の奥では何やら色々企んでる辺り、
中々一筋縄では行かない感じのキャラですよねぇ。
(別に悪人ではないとは思うのですけど)

しかしそれだけにレジスとアルティーナと組んだら、
絶対に何かとんでもないことをやらかしそうな感じが実に面白そうです。
…まあ現状はあんまり仲良くないですけど;

それにしても商隊を襲う蛮族対策に囮を立てるくらいの策略は別に
思いついてもいいのでは…?頭が悪い訳ではないと思うのですが…。
作中では立案したレジスがなんかすごい感じにされてますけど、
それくらいだったらこの将軍なら思いつきそうな。
せめて、囮は立てたけど細やかな部分に気が回らずに蛮族に囮と見破られてた…
位の方が、より物語に説得力があったのでは?
蛮族側にも難敵がいそうな感じですし。

◆まとめ◆
中々に面白い作品でした。
まあ正直なところ、今巻はあくまでもキャラの顔見せ・紹介に
留まってた感も拭えないのですが。
個人的にはもう少しレジスの軍師的な活躍も見たかったのですが
(さすがに囮商隊の一件だけだと物足りない)、
アルティーナの活躍の場も必要でしょうし、仕方ないのかな?
彼らの本格的な活躍は次巻以降ということで、楽しみにさせて頂きます。

横線2
<読了感想:覇剣の皇姫アルティーナ2>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。