スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレイム王国興亡記4【感想】

   
 【作品情報】
 フレイム王国興亡記4
   著者:疎陀陽
   挿絵:ゆーげん
 レーベル:オーバーラップ文庫

横線1
テラを思うが故のソニアの“裏切り”により、暗礁に乗り上げるテラ港湾整備事業。
土壇場に飛び出したノエルの一言がコータの窮地を救うが、依然状況は最悪のまま――。
テラ再興への道筋は、フレイム王国宰相ロッテの協力が不可欠に。
説得材料を集めるために奔走するコータだったが、無理が過ぎて倒れてしまい、
パルセナで強制的に休暇を取らされる羽目に。
パルセナで巻き起こるソニアの誘拐騒動、エミリの誘惑――
片時の息抜きが浩太へ逆転のひらめきを与える!
「利の天秤が揺れているのならば……その天秤ごと壊せば良いと思いませんか?」
逆転に次ぐ逆転、最後に利を得るのは、テラか、フレイムか、ソルバニアか――。

※公式サイトより

横線1

前巻からそれなりな間が空いてるせいで微妙に話がうろ覚えなのはさておいて;

ソニアの行動によって、一転窮地に立たされた浩太達。
その窮地を首の皮一枚でつなげたのが、あのノエルだということに驚かされる…
というか割とマジで展開に着いていけない;
…いやだってさ、あのノエルが、だよ?
普段の天然おちゃらけた気味のノリはどこへやら、
あの煮ても焼いても食えなそうな百戦錬磨の商人達相手に正面切って渡り合う姿が、
やべえ超カッコイイとか思ってしまう。まさかノエルにこんな感想を持つ日が来るとは
…終わってみれば、やっぱりノエルはノエルだなぁ、とも思ってしまうんだけどね;
まあそれでも今巻のノエルの活躍っぷりは、今までの評価を改めるに値するなぁ。
実際今巻でだいぶお気に入り度が上昇した気はする。

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

前巻からそれなりに間が空いてしまったけれど、やはり面白い!
(道中、これでもかって位に不安がつきまとう作品でもあるが;)
最初に1巻を読んだ時は、現代知識で経済無双!的な印象も強かったのだけど、
こうしてみると全然そんなことはないんだよね。
現代知識はあっても、その道のプロ相手には後手に回ったり辛酸を嘗めさせられたり、
色々と胃が痛くなる展開も少なくなく、だからこそ、時には泥臭ささえ感じる程に、
それをどう打開していくかという部分が面白いんだよなぁ。
あとキャラ同士の掛け合いも面白いしね。
この世界の王様と側近って漫才出来なきゃダメな決まりでもあるの?

とりあえず次巻はあまり間が空かないと嬉しい次第。

横線2
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。