スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育の騎士とモンスター娘【感想】

   
 【作品情報】
 保育の騎士とモンスター娘
   著者:神秋昌史
   挿絵:森倉円
 レーベル:スニーカー文庫
 ▼評価を表示
横線1
「魔族保育園」護衛の任を受けた見習い騎士・デルクは、
なぜか園児たちの相手をすることに!?
読み聞かせの本(魔術書)で大悪魔が召喚され、音痴なセイレーンの歌で大混乱!

※公式サイトより

横線1

クソ真面目で堅物な見習い騎士・デルクが護衛の任を受けた相手は、
「魔族保育園」の園長・ティリア。
なし崩しと言うべきかあるいは必然と言うべきか、
保育士としての仕事も受け持つことになるのだけど、
そのクソ真面目さ故に周りと微妙に噛み合ってないのが可っ笑しい;
まあ生粋の軍人だったデルクが(ある意味ではこちらも戦場とはいえ)、
180度方向性の異なる、しかもつい最近まで敵対していた魔族相手の仕事となれば
仕方ない部分もあるんだろうけどね;

デルクが面倒を見ることになる園児たちも、当然の如く癖者揃いで。
食う寝る遊ぶイタズラする…というのは勿論のこと(子供の本業だしね;)、
幼児とはいえ魔族という特性上、並々ならぬ能力を持っている子供もいたりして、
なかなか大変な事態になったりもするんだけど、
それでもどこか憎めなくて、微笑ましい気分になるんだよなぁ。
魔族なんていっても、その特性以外は基本的に歳相応だしね。
でも「本読んで」と頼みつつデルクに悪魔召喚させるこの双子は色々と末恐ろしいが;
そしてそれに平然と対応するティリアはある意味もっと恐ろしい
デルクに唯一敵対的だったラミーネも、デルクと交流を深める内に、
根っこの素直な部分が出てきたりして、これがまた可愛らしい。
(まあ敵対的なんていってもそれはそれで微笑ましくなるレベルのものだしね)

   :

うーん微笑ましい。
読んだ後に実にほっこりした気分になる、そんな作品でした。
一応バトル要素もあるんだけど、個人的にはそっちはおまけかな?
(物語の山場の部分ではあるんだけど、基本のお話がお話だけにね)



しかし魔族としての種族特性だから仕方がないとはいえ、巨乳の5歳児ってどうなの;

横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。