スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:魔女の絶対道徳

 【本日の読了】
 タイトル:魔女の絶対道徳
   著者:森田季節
   挿絵:NOCO
 レーベル:ファミ通文庫
 my評価:A

魔女の絶対道徳 (ファミ通文庫)
横線1
「束縛のない人生が一番だ」連続殺人事件の犯人を追っていた俺、
水主頼斗は、逆に縛り上げられてしまった……。
そのピンチを俺は「天狗」の少女、輪月に「天狗の血を引く」という理由で助けられた。
いや、むしろ改めて輪月に拘束された。
ところで、お前の手伝いをするのはいいけど、事件って解決してるの?
俺、咒師っていう和製魔法使いで、
事件が解決しなかったら実は死ぬんだけど……大丈夫?
正義の和製魔法使いと不純少女の青春怪奇ストーリー!

※公式サイト紹介文より

横線1

◆水主頼斗◆
現役男子高校生兼咒師兼主人公兼ツッコミ担当。
輪月のボケと傍若無人さに振り回される姿が実に面白可笑しいです。
苦労してんなお前も…。
米袋(10kg)を担がされたまま服とか小物の買い物に付き合わされるとか
なんの罰ゲームですか。ですが担いでいるのが僕の地元の米となれば
輪月GJと言わざるを得ません。頼斗さん、広告塔お疲れ様ッした。

先祖代々、咒師という久多良市の均衡を護る役割を担ってきた水主家。
頼斗にも頼斗なりの使命感とかそういうものはあるのでしょうが、
咒師としての行動の根幹が「均衡が崩れるとその代の咒師が死ぬ」という理由なのが
なんとも生々しいですね…。確かに確実に仕事をさせるにはもってこいですが、
やっぱりちとえげつないと思ってしまいます。

◆愛宕輪月◆
天狗の末裔。黙っていれば美少女なのに、
息をするかの如くその口から飛び出すのはエロネタ下ネタばかりという。
まったく輪月は面白いなぁ。付き合わされる頼斗他は中々に大変ですけど。
てかよく見たらあらすじに"不純少女"とか書かれてました。
実際問題1ミリたりとも否定出来ない事実なんですが結構酷いなおい;

しかし普段がそんな面白セクハラ天狗だけに、
時折垣間見える冷酷さには背筋が冷えるものがありますね。
その辺やっぱり根本が人とは違うんだよな、と思わされます。
(まあ元々輪月自身が結構自己中なのですけど)

…でもやっぱりこの天狗の構成成分は冷酷さよりエロトークだよなぁ。

◆千賀矢知理◆
吸血鬼の末裔。なんかロリっぽいキャラなのですが、
頼斗曰く同世代らしいのでそういうわけでもないらしいです。
しかしガチロリでもないのにあの喋りはややあざといというかなんというか。
いやどうでもいいんですけど。吸血鬼だからその辺の感覚も違うのかもしれませんし。

こっちもこっちで大人しくしていればロリ(服)美少女なのに、
輪月同様、普段のあざとs純真さの間に見える冷酷さがおっかない。
ですが基本はやっぱり純真なんでしょうかね。
輪月のエロトークにあわあわする様がやっぱりあざt微笑ましいです。

◆牡丹◆
和服ロリ。しかしてその正体は…。
ユーモアのセンスが突飛すぎて逆に笑えま…笑えないかやっぱり。
とりあえず輪月と絡むと洒落の無さが加速度的に上がります。怖ぇよ;

◆連続殺人事件◆
久多良市で進行中の連続殺人。
当初は犯人と思われた餓鬼を、輪月が殺したことで一見解決したかに見えましたが…
まあそんな訳はないですよね。
輪月が「千賀矢が犯人」という説はやっぱり穴があるよなぁと思いつつ、
知理が「輪月が犯人」という説は結構説得力があるよなぁと思いつつ、
でもやっぱり「輪月が犯人」説がしっくり来ないのは、
どうにも出来すぎてる気がするからでしょうか。あとお話展開のテンプレ的にも。

そしてその先に見つかった真犯人は…
修羅が犯人だったりすると色々と詰みなのでそれも困るのでしょうけど、
それでも辛いよなぁ、犯人が人間で、しかも昔からの知人だというのは。
当の修羅やら天狗やら吸血鬼やらとは話が通じるのに、
話が通じないのは本来普通に会話できるはずの人間というのが実に皮肉、
おまけに異形を倒すための能力を人間相手に使う羽目になるというのも追加で皮肉、
更には化物より化物染みた思想の犯人に化物呼ばわりされるのも三重で皮肉。
なんという皮肉のオンパレード。(いや全部根本同じですけどね)
それでも自分の正義を(文字通り)貫いた頼斗には賞賛を。
(賞賛というのは違う気もしましたが上手い表現が見つかりませんでした)

◆まとめ◆
いや、面白い作品でした。
特に輪月のエロトークで何度噴きそうになったことか。
(勿論それだけではない重さもありましたけど)
頼斗も色々と大変ですが、彼に幸あらんことを。
そして次巻が出るなら妹ちゃんのレギュラー化を切に希望します。

横線2
<2巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。