スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:冴えない彼女の育て方2

 【本日の読了】
 タイトル:冴えない彼女の育て方2
   著者:丸戸史明
   挿絵:深崎暮人
 レーベル:ファンタジア文庫
 my評価:B

冴えない彼女の育てかた 2 (富士見ファンタジア文庫)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
売れっ子同人作家の英梨々と女子高生ラノベ作家の詩羽を仲間に加え、
動き始めた倫也のサークル。
だが、その矢先に『メインヒロイン』の加藤に彼氏持ち疑惑が浮上!?
ヒロイン育成コメディ、いきなり波乱の第2巻!!

※公式サイト紹介文より

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆安芸倫也◆
前巻と変わらず何かと鬱陶しい重度のオタク。
いやいきなり真人間になってたら超展開にも程がありますけど。
基本的には前巻と同じくウザさ全開
(別に貶してる訳ではないですよ?褒めてもいませんが)ではあるものの、
ゲーム制作や好きな作品への彼なりの矜持というものが見え隠れして、
(前巻よりは)好感が持てました。

好きな作品の発売前の初稿を見て感想を聞かせて欲しいという頼みを
頑なに拒んだその感覚は結構わかるかも。
ファンとしては嬉しい部分もあるのでしょうけど、
"好きな作品"の物語に自分の意見が介入するのは
やっぱり何か違う気がしますし。上手く言えないのですけど…。
とか言うと英梨々あたりに怒られるのかしら(´・ω・`)

◆霞ヶ丘詩羽◆
前巻の時点でも、倫也を憎からず思ってるのはそれなりにわかってましたけど、
想像以上に過去の事を引きずってますね…。
てか思いっきりゲームのプロットに個人的事情を重ねてますしね。
それはもう重ねすぎという位に。

執筆中の発狂シーンが怖いです(゚A゚;)
というか地味にめんどくさいなこの人。

◆澤村・スペンサー・英梨々◆
詩羽回のせいか、微妙に影が薄かったような。
前巻よりは毒が少なかった気がします。

◆加藤恵◆
詩羽回のせいか、こちらも微妙に影が薄かったような。
倫也にゲーム制作の誘いを受けてるのに
倫也に「なんでいるの?」とか言われる恵が不憫すぎます。
…さすがにそれは酷いと思いますよ?
(当人はあまり気にしてなさそうですけど)
相変わらずフラットな個性が全開でしたが、
最後の英梨々との対話で思いの外感情が前面に出ていたのが可愛かったです。
いや普段も可愛いんですけど。

そして圭一君は何のために出てきたんでしょうか。

◆ゲーム制作◆
詩羽の上げたプロットに対して何かわからないけれども違和感を覚え、
プロット確定に待ったをかける倫也。
その際に英梨々が放った言葉に対しての詩羽の発言は重みがありましたねぇ。
基本的に一人作業の英梨々と違って、
詩羽の場合は編集さんとの関係があるので、当然といえば当然か。
でも個人的には英梨々に同意してしまうのは、やっぱりこのゲーム制作の根幹が、
基本的に倫也の我儘としての側面が強いからでしょうかね。

◆まとめ◆
やっぱり前巻同様会話とかの掛け合いは面白いのですが、
ゲーム制作部分が何か微妙なんですよねぇ…。
倫也のゲーム制作に対する思い入れの強さはわかるのですけど、
当人口出し位しかしてないですし、逆に実際に中身を作ってる二人は
ゲーム制作に対する思い入れが殆ど感じられない。恵は言わずもがな。
(というかそもそもなんで倫也のゲーム制作に付き合ってるの?レベル。
いや倫也に対する好意とかの感情的な理由だというのは分かるんですけど。
詩羽については今巻で前進しているものの、結局は倫也ありきの理由ですし。)
ラブコメ的な要素は前巻より比重が多く置かれてる気がしましたが、
個人的にそっちは比重軽くていいんですよね。

今巻も面白みと微妙さが半々でしたので、前巻の感想にも書いたとおり、
このシリーズの購入はここまででしょうか。
とりわけ○G恋とかパル○ェあたりは非常に好きな作品だっただけに、
少々残念な部分もありますが、同じ作者さんでも作品毎の好みは別れて当然ですし、
また別の作品に期待させて頂きます。

単純にゲームとラノベの違いという部分もあるのかもしれませんけどね。
見え方も見せ方も似て非なるジャンルですし。
(この作品、どちらかというとADVゲームとして見た方が面白そうな気がします)
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。