スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百錬の覇王と聖約の戦乙女8【感想】

   
 【作品情報】
 百錬の覇王と聖約の戦乙女8
   著者:鷹山誠一
   挿絵:ゆきさん
 レーベル:HJ文庫

横線1
《狼》の氏族を守るため、生涯のパートナーとなった美月とともに
ユグドラシルに帰還することを決意した勇斗。
お互いの両親への挨拶もなんとか済ませ、ついに召喚儀式の夜を迎える。
が、そのとき異変が!
《豹》の誇る秘法使いシギュンの妨害によって、
美月はたった一人ユグドラシルに飛ばされてしまう。
時空を超えて再度離れ離れになった二人の運命は!?

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
ここに来てまさかの主人公交代か!(違います

期せずして現代に戻った勇斗が、ようやく美月とくっついて、
あれやこれやと美月の両親に関係を認めて貰ったりして二人揃っていざユグドラシルへ!
…と思ったら、まさか美月だけが召喚される状況になってしまうとは;
この展開はさすがに予想できなかったなぁ。
でも確かに、シギュンの術が瞬間的なものでなく持続的なものなら、
確かにそうなるのもわからないでもないんだよねぇ。
これっぽっちも有難くない話だけども。

不幸中の幸いは、《狼》の面々も美月の事を理解しているおかげで、
最初からVIP待遇だってことかな。
当人も認識してるように、あくまでも勇斗の威光でしかないといえばそうだけど、
その発言や行動から、名実共に大物認定されていくのがなんだか妙に可笑しい。
まあ大物認定と言っても、勇斗みたいに英雄的な大物…という意味じゃないしね;
…と思ってたら、本当に英雄になりそうな要素も出てきたなぁ。
リーファとそっくりな事も含めて、やはりただの現代人ではない何かがあるんだろうね。

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

しかし主人公とヒロインの父親が揃ってツンデレとか誰得


横線2
<9巻の感想を読む>
<7巻の感想を読む>
<6巻の感想を読む>
<5巻の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。