スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョーカーズ!!【感想】

    【作品情報】
 ジョーカーズ!!
   著者:ノギノアキゾウ
   挿絵:群青ピズ
 レーベル:ダッシュエックス文庫
 ▼評価を表示
横線1
不可能を可能にする"異能力"をばらまく違法アプリ「ジョークスター」。
東京・池袋ではスキルを使って様々なイタズラを仕掛けるパフォーマンス集団
「IKB椿屋ポッセ」がのさばり、彼等から格好の的にされている我門は
「世界一のビビリアクション高校生」と称される惨めな日々を送っていた。
しかしある日、我門は雪菜という少女と出会う。
雪菜は事実無根のスキャンダルにより、
能力者であるファンに殺害予告を出された大人気声優だった……。
悪名高いイタズラ集団ポッセの協力のもと、
ヘタレな我門が雪菜を守るために立ち上がる!!

※公式サイトより

横線1

低確率ではあるものの、異能力を手にする事が出来るという
動画投稿違法アプリ・ジョークスター。
そのアプリで手に入れた異能でイタズラを仕掛ける集団、
変人共の集まりであるIKB椿屋ポッセのファンキーなノリがカオスで楽しい!
…とはいえ、そのイタズラのターゲットにされる方はたまったものじゃないよなぁ;
そんな彼等に目をつけられ、しょっちゅうイタズラのターゲットにされた挙句、
「世界一のビビリアクション高校生」なんて不名誉な二つ名まで手に入れた
主人公・勝島我門には同情の念を禁じ得ない;
まあ実際、その二つ名も已む無しレベルのヘタレでビビリなのも事実なのだけど;

いつものようにポッセにイタズラのターゲットにされ、
ギャラリーも囃し立てるだけの最中、
我門をイタズラから助けてくれたのが、ヒロイン・祈雪菜。
雪菜自身も見に覚えのないスキャンダルで大変だというのに、
こうやって手を差し伸べてくれる辺り、相当に出来た人間でお人好しだよなぁ。
(あるいは、世間から否定されている自分と重なった部分があったからか)
でもまあこんな状況、我門が雪菜に惹かれるのも当然の帰結と言えようか。
主人公とヒロインの立ち位置が逆な気もするけど

けれど、雪菜が日野原というストーカーに狙われている状況を知り、
彼女を助ける為に、打倒日野原を掲げる展開が燃えると言ったら!
相手はジョーカー制圧用兵器・アーネストを強奪・使役している状態、
対して主人公はと言えば、ヘタレのビビリ体質に加えて、
なぜか"スキルを二つ"行使できるとはいえ、
それは水鉄砲生成と風船生成という何とも頼りない能力。
そんな圧倒的不利な状況の主人公がヒロインの為に立ち上がるという
僕の好みド直球な状況、これで燃えない訳がない!

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼


   :

いやいやこれは面白かった!!
カオスでファンキーなイタズラ集団達が醸し出す、
イカれてイカしてヒウィゴーなノリが楽しく、
そして何より、ヒロイン雪菜を助ける為に、超ヘタレで超ビビリの主人公が、
おおよそ役に立たなそうなスキルを両手に立ち上がる展開が最っ高に熱かった!
あとセンロンの扱いが酷すぎて噴いた

それと幼馴染ポジションのヒロインがいわゆるところの"ギャル"というのも中々珍しい。
外観も口調もいかにも…な感じで、我門に対してはほんと容赦がないのだけど、
その実結構乙女なところがあったり、我門へのそれも愛情や信頼の裏返しだったりと、
ニヤニヤできる要素が満載で、これはこれで結構な良キャラだよなぁ。
別に雪菜が嫌いという訳ではないのだけど、個人的には雪菜より宙子を応援したい。
まあでも好みは分かれそうな感はある; ギャルだし

   :

ちなみにこれはラノベというフィクションだから楽しんでるけど、
僕はこの手のイタズラとかドッキリ自体はあんまり好きじゃないのでご理解を;

横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。