スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覇剣の皇姫アルティーナ9【感想】

   
 【作品情報】
 覇剣の皇姫アルティーナ9
   著者:むらさきゆきや
   挿絵:himesuz
 レーベル:ファミ通文庫

<
横線1
帝都への招聘に応じたレジスは第二皇子ラトレイユの軍師として、
ハイブリタニア軍の追撃戦へと挑む。
一方で、レジスの帰りを待つアルティーナは彼の言葉を信じ、戦力を蓄えるのだった。
そして、友の遺志を継いだ第三皇子バスティアンもついに祖国ベルガリアへと戻り、
国を変えるため立ち上がろうとしていた。
三人の皇子皇女はそれぞれの理想を抱き、信じる道へと一歩を踏み出す――。

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
帝都に単独出向し、ラトレイユの参謀を務める事になったレジス。
レジスと離れた状態のアルティーナ。
エリーゼと、そして意外な人物と共に帝都に戻ってきたバスティアン。
メインはやはりレジス視点のお話になるのだけど、
平行して語られるそれぞれのお話が異なる趣で面白い!
メインヒロインが一番影が薄い気がするのはお約束なのでスルー

◆アルティーナ◆
師匠のバルタザール、そしてエディと共に剣術修行と、ここは相変わらず脳筋すなぁ…;
とりあえずアルティーナはエディにバカバカ言うのはやめて差し上げて;
どうせ五十歩百歩なんだし
レジスからの手紙と贈り物により、新たな兵科としての道を開いたエリックが、
今後のベルガリアとどう変えていくかが気になる!
傭兵王も意外な人物と交流が出来てきたみたいだし、こっちもこっちで気になるなぁ。
今後の伏線かはわからないけど、少なくとも悪い方向に行くことは無いだろうしね。
色々な意味で暑苦しいが

それとエディとフェリシアのいちゃバカぶりがもうお腹一杯なんですが;
ていうかオーギュストに扮してるときはもうちょっと自重しろよ…;
フェリシアは絶対に大胆になるタイミングを間違っている
そしてアルティーナとバルタザール、
事情を知る者と知らない者の見解の相違が面白すぎて噴いた;

◆バスティアン◆
エリーゼ&フランツィスカ達と帝都に戻ってきたバスティアン。
ロランドの師匠とも言うべきブルージーヌと対面した彼が、
現在のベルガリアの主義思想をどう変えていくのか
(あるいは変えて行けるのか)が気になる所。

バスティアンもアルティーナと同じく脳筋系のキャラではあるけど、
アルティーナより柔軟性がある印象だよね。
(地の性格によるものか、僅かばかりの年の功なのかはわからないけど)

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

本日のベルガリア文庫は──
  「バカとテストと召喚獣」
  「ヴィランズテイル」
かな? 後者はまた随分とタイムリーな作品で;

横線2
<10巻の感想を読む>
<8巻の感想を読む>
<7巻の感想を読む>
<小綺譚の感想を読む>
<6巻の感想を読む>
<5巻の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。