スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この素晴らしい世界に爆焔を!【感想】

   
 【作品情報】
 
この素晴らしい世界に祝福を! スピンオフ
 この素晴らしい世界に爆焔を!
めぐみんのターン
   著者:暁なつめ
   挿絵:三嶋くろね
 レーベル:スニーカー文庫

横線1
――カズマと駄女神(アクア)様が異世界に転生する1年前。
紅魔の里に暮らす“紅魔族随一の天才魔法使い”めぐみんは
里の禁忌である“爆裂魔法”習得のため、
修行に学校生活にと慌ただしい日々を送っていた。
妹のこめっこが見慣れない黒猫(晩ごはん)を捕獲してきたそんなある日、
里の外れの“邪神の墓”の封印が解かれてしまい!?

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
やめて! 黒猫に晩ごはんってルビ振るのやめたげてええええ!

…ということで「このすば」のスピンオフ作品。
カズマや駄女神様が異世界に来るより更に前、
めぐみんが紅魔の里で学業に励んでる頃のお話。
めぐみんが何故ここまで爆裂魔法に執着を示すのかも語られるのだけど、
個人的には爆裂魔法が単体の特殊魔法に属するということにびっくりですよ;
爆裂魔法って火属性最上級魔法みたいなもんだとばっかり思ってた;
あれか、マ○ラギダインとメギ○ラオンみたいなもんか(多分違う)

当然の如く、紅魔の里の事についても色々と分かるのだけど…
うん、カルト宗教アクシズの総本山とはまた別のベクトルで色々とおかしいわ;
名前はもとより、誰も彼もが色々とこじらせてたり、
魔法使いばかりの街に何故か重量級武器偏重の武器屋があったり、
もしかしなくてもお得意様の貴族の令嬢さんってドMの変態だったりしませんかね
唯一まともな感性を持ってるゆんゆんが振り回されるのが可笑しい。
結局少数派が異端扱いされるのはどこの集団でも同じということか;
それと靴屋のニートは突き出す所に突き出していいと思うんだ
ところでこのスピンオフ読んでると、
めぐみんとかゆんゆんとかの名前がまだしもまともに思えてくるんだけど
この里のネーミングセンスはほんとどうなってるんだぜ…。

そしてめぐみんの家庭環境についても色々と判明。
なにかと大物になりそうな妹ちゃんがいたり、
家の収入源であるはずの父親の魔道具開発がアレなせいで意外と貧乏だったり、
めぐみんも結構苦労してるのなぁ…などと思ってもみたり。
もしかしなくてもめぐみん父を凄腕と評した人ってアンデッドだったりしませんかね

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

面白かった…と言うより何より
大変ごちそうさまでしたという一言に尽きるスピンオフでした。
それと本編のキャラと結構ニアミスしてるのも可笑しかったなぁ;

横線2
<この素晴らしい世界に爆焔を!2の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。