スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レオ・アッティール伝【感想】

   
 【作品情報】
 レオ・アッティール伝
首なし公の肖像
   著者:杉原智則
   挿絵:岡谷
 レーベル:電撃文庫
 ▼評価を表示
横線1
西のアリオン王国、東の聖ディティアーヌ連盟と二つの大国に挟まれたアトール公国。
その第二公子、レオ・アッティールはアリオンへ人質同然で送り出され、
辺境の太守のもとで武芸と学問に励んでいた。
そして時代は転換点を迎える。
アトールと接する中立勢力・コンスコン寺院とアリオンの関係が悪化したのだ。
アトールからの援軍パーシー、コンスコンの僧兵カミュ、僻地から来た傭兵クオンは
協力して迫りくるアリオンの軍勢に対抗しようとする。
その戦いの最中、三人とレオは運命の出会いを果たす――。

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
若き主従が戦乱の世を駆け抜ける本格戦記ファンタジー!

アリオン王国へ人質として送り込まれたアトール公国の第二公子・レオ。
レオが暮らすアリオンと、コンスコン寺院の関係が悪化したことで、
二つの勢力が一触即発の事態となり…というくだりから始まる本作。

主人公・レオを主眼に話が進む…と思いきや、レオの描写はそこそこに、
コンスコン寺院に援軍として派遣されたパーシーや、僧兵カミュ、
傭兵クオンとカミュの妹である尼僧のセーラを主軸に話が展開されるのだけど、
いやこの4人の組み合わせが面白いね!
性格とか立ち位置のせいもあるんだろうけど、対して年齢も違わないのに、
パーシー&カミュの保護者組、クオン&セーラのお子様組…
みたいな感じになってるのが可笑しい。
なんてこと言ったらセーラに銃ぶっぱされますかね

まあセーラの場合、後先考えない部分もあれば面倒見の良さもあるし、
そこはかとない食えなさもあるので子供というのともまた若干違うのだけど
クオンが絡むと完全に同レベルと化すのに笑っちゃうんだよなぁ;
争いは同じレベルの者同士でしか発生しない
任務だったり、信仰心だったり、食い扶持のためだったりと、
戦いに参加する理由はそれぞれで異なるのだけど、
なんだかんだ行動を共にするようになってるのについニヤニヤしてしまう。
なんかいいよね、こういうの。

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

面白かった! …けど今巻だけでみると少々スロースターター過ぎたのが若干残念かな;
でもこれは次巻以降が凄く期待出来そうで、非常に楽しみ。

横線2
<2巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。