スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勇者イサギの魔王譚3【感想】

   
 【作品情報】
 勇者イサギの魔王譚3
鞄には愛だけを詰め込んで
   著者:みかみてれん
   挿絵:荒川眞生
 レーベル:エンターブレイン

横線1
交わる戦火は、誰にも止められない。

いよいよ魔王が確定する日、レンゾウは魔族の重鎮を殺めた。
冒険者と共存を望む魔族たちの声を無視し、
レンゾウは仲間を引き連れて街へ奇襲をかける。
その裏には、権威を持った魔族たちの陰謀が渦巻いているとも知らずに……

イサギは暴走した彼らを止めるため、たった一人で戦火へと飛び込むが――!?

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
愁の離脱により3人となった魔王候補達。
加えて慶喜はイサギに合わす顔が無いと言って出てこないし、
急に物寂しくなった印象が否めないなぁ。
けれど代わり(?)に出てきたシルベニアの師匠・キャスチの
シルベニア溺愛っぷりが面白可愛い。
そして廉造はシスコンをこじらせすぎである
でもなんだかんだ実際は結構な御年だろうに
それに付き合ってあげるキャスチは実にいい人だと思います!

五魔将を交えた会議では、いくつかの勢力が入り乱れた状態で、
取り分けリージーンとかいうのがほんとウザいことこの上ないのだけど…
ああ廉造がやっちゃったかぁ、という感じ。
ついでになし崩し的に慶喜が魔王になっててええええという感じ

それでもその後の冒険者キャンプの襲撃について、
どこまで手にかけるか、という点でイサギと廉造で
お互い妥協点を探る余地があった事については、
まだ理性的な部分があった事に多少は胸を撫で下ろすけど、
それでもその場は間違いなく戦場で。
イサギが逃した女の子が無情にも犠牲となった事が痛ましい。
(その女の子自身についても、その後のイサギについても)

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

今回も面白かった! (そしてやはり辛かった…;)
ようやく少しだけ本来の目的の進展があったイサギと、英雄王なんていう仰々しい存在。
それに絡めて愁も何かあるっぽいし、ああもう続きが気になるなぁ。

横線2
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。