スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

埼玉県神統系譜【感想】

   
 【作品情報】
 埼玉県神統系譜
   著者:中村智紀
   挿絵:shimano
 レーベル:ガガガ文庫
 ▼評価を表示
横線1
高校二年の夏、進路調査票によって生徒たちは人生の岐路に立たされる。
白狼神社の一人息子である立花孝介は、
いずれ実家の神職を継ぐものと余裕ぶっこいていたのだが……。
「うちの神社は今、倒産しかけてんぞ?」
――父親の突然のカミングアウトにより、我が家の惨状を知ることとなる。
そんな折、孝介は、オオカミの面を着けた怪しげな女と出会う。
自分を神だと名乗るその女は、白狼神社の経営を立て直すべく、
神社に寄せられた願いを叶えていく仕事の手伝いをするよう孝介に要請する。

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
第9回小学館ライトノベル大賞<ガガガ賞>受賞作!

神社が倒産とかいうと物凄く世知辛い響きがあって切なすぎるね…;
そんな実家の神社が倒産しかけてる主人公・立花孝介の前に現れたのが、
その神社の神だというオオカミの面を付けた少女・雪花。
ちなみにこの感想書くまでずっと狐の面だと思ってた勘違い人間がここに
雪花と共に、神社の経営を立て直すべく、人々の願いを叶えて行くことになる──
というお話なんだけど…え、えーとこれはジャンル的には日常系か何かかしら;

神様が出てきて絵馬に寄せられた願いを叶える…とは言うものの、
そこはあんまりメインの要素には感じなかった;
むしろそれはただの取っ掛かりで、
孝介を中心とした軽妙で婉曲で冗長な会話と地の文を(うまく表現できない…;)
楽しめればOK!という印象だったかなぁ。
なんでエロDVD借りに行くだけの一幕がこんな壮大(?)なノリなんですかね…;
あと一人で行くのが恥ずいから野郎二人でラブホとか迷走にも程があるだろ
いやこういうノリは好きですけどね!

そんな感じで個人的にはこの文章のノリは好きだし、
徹頭徹尾このノリを突き通せるというのも凄いとは思うし、
下手に過重にシリアスな話を山場に持って来られても…というのはあるけど、
やはりもう一捻り欲しかったかなぁ、とも同時に思う。
それと地の文の冗長さが面白いと思う反面、若干ながら読みづらくも感じるかな。

などなど、思う所もあるけれど、なんだかんだで楽しめた、そんな作品でした。

横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。