スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呼び出された殺戮者【感想】

   
 【作品情報】
 呼び出された殺戮者
   著者:井戸正善
   挿絵:lack
 レーベル:HJノベルス
 ▼評価を表示
横線1
幼少から様々な武道を修練してきた遠野一二三(とおのひふみ)は、
ある朝、稽古中に異世界へと旅立つことになった。
平和な現代日本において、鍛えてきた様々な技を発揮する機会にも恵まれず、
腐らせていることに不満を感じていた一二三は、
魔物が跋扈し人間同士の争いもある世界だと聞いて
喜んで異世界で生きていく事を決める。
ここでなら自分の鍛えてきた人を殺す技を存分に発揮できると。
人間の限界まで鍛えた武技と、苦もなく人を殺せる歪んだ倫理観を持った、
恐ろしい男が異世界へと解き放たれた――。

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
こ れ は ひ ど い ; (全力級の褒め言葉
現代日本の高校生が異世界に勇者として召喚される…といういつもどおりの基本骨子。
なのだけど、その勇者サマが多数の武術を極め、殺人欲求を内に秘めているという
超危険人物だったと言うのだからもう物騒極まりない予感しかしないな!

事実、召喚の際に現れた死神を殺し、召喚した異世界の王女様には刀を突きつけ、
それを見て一二三を殺そうとした近衛騎士×6を殺し返し、
勇者召喚を企てて上から目線を崩さない王様の首を刎ね飛ばし、
当座の資金として国庫から半分程をぶん捕っていく…と、
自分で書いててドン引きするレベルの凶悪っぷりに乾いた笑いしか出てこない;
とりあえず僕は一二三が高校生というのが一番信じられないよ色々な意味で
(尤も十八歳という表記があっただけで高校生とは明示されてなかった気もするけど;)

と、これだけ書くとただの狂人シリアルキラーにしか見えないのだけど、
実際の所、この遠野一二三というキャラはそんなに嫌いじゃないんだよなぁ。
というかキャラとしてはむしろかなり気に入ってる部類。

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

物々しすぎるタイトルで、それに違わぬ内容ではあったけど、面白かった!
基本のテンプレを踏襲しつつも、主人公が主人公なだけに、
何をやらかすかわからない先の読めなさが面白いんだよね。
一二三自身も面白いし
ただそれだけに、言ってしまえば「一二三が気に入るかどうかが全て」な所もあり、
その上で、良い意味でも悪い意味でも「まともな主人公では絶対にない」ので、
確実に好みの分かれてくる作品ではあるかなぁ。

後はWeb小説書籍についてまわる問題として仕方のない部分でもあるのだけど、
一巻としては少々まとまりが悪い所で終わってるのも若干気になるかな;




一二三の預かり知らぬところで「細剣騎士」なんて異名が付けられてるみたいだけど、
どう考えてもそんな小奇麗なキャラじゃないよなぁ;
僕は(勝手に)ぼーぱるひふみーとでも呼ばせてもらお(ry

横線2
<2巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。