スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百獣殺のナインデッド【感想】

   
 【作品情報】
 百獣殺のナインデッド
   著者:棺悠介
   挿絵:hou
 レーベル:一迅社文庫
 ▼評価を表示
横線1
日本国民総帯刀の世、剣の強さが序列を決める七星学園。
特殊な結界に包まれたこの学園内で適用される特殊なルールは――
9回までならどんな死に方をしても生き返ること。
序列最底辺をさまよう主人公・久慈宮薙人は、
とある事情から入学以来一度も刀を抜かず逃げ続け、デス0のまま生き続けていた。
そんな彼の前に、一緒に戦ってほしいという弐等生の美少女・黒ヶ瀬七緒が現れる。
化け物の血肉と骨で作られた特殊武器・百獣殺のひとつを持ち、
学年トップ10に数えられる剣士である彼女の背中には、
なぜか「デス9」が刻まれていた。
デス0の少年と、デス9の少女――ふたりの出会いと剣が、運命を斬り開く。

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
死んでも生き返るという特殊なルール(呪術)が敷かれている代わりに、
10回死ねば強制退学…という武芸者を育てる為の学園・七星学園。
生徒同士の戦いから逃げ続けている死亡回数0の主人公・久慈宮薙人が、
学年10指に入る黒ヶ瀬七緒と出会った事で──という感じのお話。
ヒロインとの過去の出来事や、取り戻した記憶をきっかけに
己と向き合い剣を抜く主人公…と、基本は王道展開なれどそれだけに安定して面白い。

主人公が好きすぎて当初こそヒ七緒と険悪ムード全開の小蒔が、
七緒との決闘を通して薙人への思いを知り、
なんだかんだでツンデレ気味にお互い認め合うような関係になるのも良いなぁ。

ただ、全体的に殺伐ムード漂う世界観に対して、コメディ要素がやたらと緩いなど、
少々温度差がありすぎて違和感があったのは残念かな。
序盤で戦闘終了時刻がどうこう言ってたから、
四六時中問答無用の戦闘が展開されてる訳じゃないんだろうけど、
それでも戦闘時意外の学園パートの描写や説明がかなり少ないので、
余計にコメディ要素の唐突感が拭えず、より浮いた感じになってるように感じた。
(ついでに言うならその辺の戦闘時間とかの説明も欲しかったかな。
目玉?の9回までなら死ねる…っていうのも、
10回死んだら生き返れないという話なのか、
生き返った上で強制退学なのかがちょっと把握しきれなかったし。
10回死亡で強制退学…って表現だから、後者なんだとは思うんだけど)

あとはもうちょっとこのデス10の要素が活かせてると良かったかな?
状況を考えると、この設定が重要になるのはむしろ2巻から…とも思うのだけど、
一応目玉になってるっぽい設定なので、
この要素を軸にした上での緊迫感というのをもう少し感じられると良かったと思う。

結構好きだけど、惜しい所も多い、そんな作品でした。

横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。