スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対魔導学園35試験小隊10【感想】

   
 【作品情報】
 対魔導学園35試験小隊
10.魔女狩り戦争(上)
   著者:柳実冬貴
   挿絵:切符
 レーベル:ファンタジア文庫

横線1
アルケミスト襲撃から帰還した35小隊の新たな任務。
それは、桜花の父であり先代異端同盟リーダー峰城和眞の遺物を探しに、
不可視災害の嵐吹き荒れる聖域へ赴くこと。
そこに鳳颯月の秘密が隠されているというが……

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
遂にキセキとの再会を果たしたタケル…けれど彼に突きつけられたのは、明確な拒絶。
自分自身の思い違いに苦悩する姿は見ていて辛いものがあるけれど、
やはり仲間の存在というものは大きいよなぁとしみじみ思う。
こういう時のマリのあっけらかんとした割り切りは本当に頼もしいね。
小隊メンバーの中でも、良い意味で"迷わない"子なんだよなぁ。
(それ故にキャラとしては桜花とかうさぎの方が
好きだったりするのだけどまあそれは余談ですね。
けけけ決して乳の大きさで決めてる訳じゃないよ?

彼らの今回の任務は、鳳颯月の秘密が記されたという、峰城和眞の遺品奪還ミッション。
…なのだけど、時と目的を同じくして鐡隼人が独自に動き、
またその隼人を追ってエグゼの隊員が動いているのだから
本当にいつもいつも間が悪いなこの小隊は!;
しかし今回の任務に当たって、京夜が協力してくれるのは美味しいね。
友人…という立ち位置とはまた違うけれど、
ツンデれながら協力してくれる様子が大変ごちそうさまでしたじゅるり。
いやいやパン屋のおっさんには本当に笑わせて貰った!
挿絵が無いのが悔やまれる(そんなのあったら確実に京夜の黒歴史)
そしてあんなシチュでもマイペースにあんぱんを食べる桜花が可愛かった;

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

サブタイトルが示す通り、次は更に規模を大きくしての後半戦。
雑魚小隊、颯月&キセキ、オロチ&マザー、そして宿敵たるあの男。
これで混沌と化さない訳がないけれど、
ぶっちゃけあの男のはっちゃけ具合が結構楽しみとか言ったら怒られますかね

横線2
<11巻の感想を読む>
<9巻の感想を読む>
<8巻の感想を読む>
<7巻の感想を読む>
<6巻の感想を読む>
<5巻の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。