スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余命一年の勇者【感想】

   
 【作品情報】
 余命一年の勇者
   著者:からす
   挿絵:桑島黎音
 レーベル:モンスター文庫
 私的評価:A+

横線1
神護悠は、生まれた直後から政府による過酷な人体実験にさらされ続けていた。
15年後、何とか助け出された悠だったが、
体はすでにボロボロで、余命1年の宣告を受ける。
残り少ない余命のなか、彼の願いは、
皆と同じように学校に通ってみたい、というものだった。
その後、念願だった学校生活を始める悠。
しかし、悠とそのクラスメイトたちは、突如として異世界へ召喚されてしまう。
そこで待ち受けていたのは、命をかけた魔族たちとの戦いだった。
元の世界に戻るため、異世界人の謀略に巻き込まれる少年少女たち。
異世界で目覚めた力により、悠は奴隷同然の身分から這い上がる――。

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
"不老不死"という妄執染みた人体実験の被験体とされてきた神護悠。
死すら生温いとさえ思えるような実験から救い出された余命幾許かの彼の願いは、
学校に通ってみたい…という本当にささやかなものだったのに、
その学校では教師すら手出しできない暴君・粕谷の
イジメのターゲットにされてしまうのだから、居たたまれない。
悠自身は、そもそもこれまでの"実験"に比べればこの程度なんともないとは言うし、
実際そうなのかもしれないけど、それでもなぁ。

更に彼のささやかな願いを嘲笑うかの如くもたらされた、
悠自身も含む、クラスメイト全員の異世界への召喚という出来事。
そして思わぬアクシデントにより、
他のメンバーより少しだけ早い時間に転移した悠と朱音。
先に魔道に目覚め、辛くも死地を抜けていた悠達が、
後から来るクラスメイト達を守るために再び死地へ赴くのだけど、
これまた思わぬアクシデントにより、自分達の到底敵わない怪物が出現し、
無残に命を散らされていくクラスメイト達と、
また彼らを守ることが叶わなかった悠の姿が見ていて辛い。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



   :

人体実験によって特殊な能力を持った余命一年の主人公が異世界に召喚、
そして魔道と呼ばれる強力な力に目覚め…というと、
なろうテンプレ俺TUEEな印象を受けてしまいがちだけど、決してそんな事はなく。
(タイトルから察するに最終的には最強の一角にはなるんだろうけど)
目の前に現れた理不尽な絶望的状況を前に、
泥臭く足掻いて生き抜く悠や仲間たちの成長が熱く、非常に胸を打たれる作品だった。

横線2
<2巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。