スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異世界食堂【感想】

   
 【作品情報】
 異世界食堂
   著者:犬塚惇平
   挿絵:エナミカツミ
 レーベル:ヒーロー文庫
 私的評価:A

横線1
オフィス街に程近い商店街の一角、犬の看板が目印の雑居ビルの地下一階にその店はある。
黒い猫の絵が描かれた扉の食堂「洋食のねこや」。
創業五十年、オフィス街のサラリーマンの胃袋を満たし続けてきた。
洋食屋といいながら、
洋食以外のメニューも豊富なことが特徴といえば特徴なごく普通の食堂だ。
しかし、「ある世界」の人たちにとっては、特別でオンリーワンな一軒に変わる。
「ねこや」には一つの秘密がある。
毎週土曜日の店休日、「ねこや」は“特別な客”で溢れ返るのだ。
チリンチリンと鈴の音を響かせやってくる、
生まれも、育ちも、種族すらもばらばらの客たちが求めるのは、
世にも珍しい不思議で美味しい料理。
いや、オフィス街の人なら見慣れた、食べ慣れた料理だ。
しかし、「土曜日の客たち」=「ある世界の人たち」にとっては
見たことも聞いたこともない料理ばかり。
特別な絶品料理を出す、「ねこや」は、「ある世界」の人たちからこう呼ばれている。
―――――「異世界食堂」。 そして今週もまた、チリンチリンと鈴の音が響く。

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
普段はオフィス街に店を構えながらも、
定休日の土曜だけは何故か異世界と繋がってしまう食堂「洋食のねこや」。
ねこやと繋がる扉は、異世界の様々な所に出没するという性質上、
異世界の人間やエルフなどの比較的人間寄りの異種族から
小人族や妖精、果てはリザードマンやドラゴンといった異世界の住人達が、
ねこやの料理に舌鼓を打つ様子が微笑ましくも面白かった!
そして何よりその料理描写がダイレクトに食欲を刺激してくるのがまたたまらない!

また、ねこやの店主が一貫して出てくるキャラクター…ではあるのだろうけど、
分かっているのは中年の太り気味のおっさんという事くらいで、
名前すら公開されてないというのがこの作品の特徴を如実に表わしてもいるのかな。
あくまでも主人公は料理の作り手でなく、
料理を食するお客さんの方…という事なんだろうな、なんてふうに思った。
(いや実際にそういう意図が含まれているかはわからないけれど;)

短編形式で綴られるこのお話、先に述べたように様々なお客と料理が出てくるのだけど、
個人的に特にお気に入りなのは、
「パウンドケーキ」「ホットケーキ」「ポークジンジャー」の三本。ケーキ多いな


▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



   :

「小説家になろう」大人気のグルメファンタジーというお題目に恥じない作品だった!
一応他の話に出てきた客が背景にいたり、たまに料理の好みで論争したりはしてるけど、
基本的にお話は完全な短編形式で独立していて一話一話も15~20P程度で
どの話から読んでもほぼ支障の無いレベルなので気軽に読めるのも○。

横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。