スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

課外活動サバイバルメソッド【感想】

   
 【作品情報】
 課外活動サバイバルメソッド
   著者:水瀬葉月
   挿絵:悠久ポン酢
 レーベル:電撃文庫
 私的評価:A+

横線1
保健室のベッドに入り浸る無気力系女の夜子、
甲斐甲斐しくて面倒見の良い幼馴染の優理。
彼女たちと過ごす石堂幸也のいつもの日常は、ある日を境に一変した。
突如として宣告された「課外活動」――。
全校生徒の四分の三ほどは理不尽な死を迎え、
生存者約千数百人はこの巨大学園に閉じ込められて生活することを強制された。
脱出するための条件は、死んだら出現する≪魂のかたち≫を500個集めること。
それぞれオリジナルの異能力を与えられた生徒たちは、
生存をかけた極限のサバイバルに放り込まれた――。
一発逆転を狙うギャンブラー、欲望のままにすべてを奪う武装集団、
安息地に引き込もる姉弟、秩序を訴える優等生、
心の壊れた少女、保健室暮らしの三人組、そして彼らの前に現れた連続殺人能力者――、
それぞれの想いを胸に、それぞれの運命が動き出す。

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
閉鎖された巨大学園での異能力デスゲーム、開幕!

突如として現れた《校長》(マスター)を名乗る超常的存在により、
生徒数5000人を誇る巨大学園は謎の力により閉鎖、生徒の内の四分の三は間引かれ、
残った生徒には各人の所属する部活や委員会の所属立場に由来する異能を与えられ、
生存や復讐、或いは享楽などのそれぞれの思惑が交錯し、
展開する陰惨極まりないデスゲームに一気に引き込まれた!

様々なキャラが登場し、群像劇的に展開していく本作だけど、
ほぼ全員に共通した目下最大の脅威は連続快楽殺人者・枯山水乃愛か。
この絶望的状況を心の底から楽しみ、
その圧倒的な能力で他生徒の"解体"を続けていく姿に怖気が走る。
しかも気まぐれで連れ歩いていた壊れた少女・ヘムに、
最下位特典であるEC能力増幅器が与えられて、
当然の如く乃愛がそれを奪うのだからもう手がつけられないにも程があるよなぁ。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



   :

いやほんと面白かった!
過去作でも大なり小なり"黒さ"を見せている水瀬氏ではあるけど、
帯の成田氏のコメントにもあるように、正にそのリミッターを外してきた感じ。
グロいわ痛々しいわ(サービスカットでない)性的表現も少なくないわで、
間違いなく人を選ぶ作品ではあるけど、
ツボに嵌った時の破壊力は推して知るべし…といったところ。
(少なくとも僕にとっては最高だった)

群像劇スタイル故に主要キャラだけで15人と、
決して少なくない人数のキャラを把握する必要はあるのだけど、
不思議と読み返しなしでほぼ覚えられたという読みやすさもポイントに挙げておく。
(あくまで感覚的なものだし、
一部除いてやたら特徴的な名前だから…というのもあるだろうけど;)

横線2
<2巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。