スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソードアート・オンライン プログレッシブ3【感想】

   
 【作品情報】
 ソードアート・オンライン プログレッシブ3
   著者:川原礫
   挿絵:abec
 レーベル:電撃文庫

横線1
「行くぞ、アスナ! しっかり掴まってろよ! ――ティルネル号、発進!」
謎めいたダークエルフ騎士のキズメルといっときの別れを交わし、
アインクラッド第四層を目指すキリトとアスナ。
扉を開けた二人の行く手を、勢いよく流れる谷川が阻む。
正式サービスの第四層は、《水路》のフロアへと変貌を遂げていた。
なんとか街に到着した二人を出迎えたのは、
湖水に浮かぶ白亜の街並みと、大小無数のゴンドラだった。
第四層を自由に移動するためには、専用のゴンドラを入手しなければならない。
キリトとアスナは、ゴンドラの船材をゲットするために、
身の丈八メートルの大型火炎獣《マグナテリウム》に挑む――!
そして、アインクラッド第四層の攻略は、さらなる難関が待ち受けていた……!

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
ま た し て も美人黒エルフのキズメルさんとお風呂とか
ほんとなんなんですかこのビーターさん…;

   :

次なる舞台はアインクラッド第四層。
ベータ時代と仕様が異なる点はこれまでも数あれど、
今回は舞台そのものの趣を大きく変えて、水路とゴンドラの行き交う
水の都さながらの浪漫溢れる様相に思わず息を呑んでしまう。
どこかにウンディーネさんいませんかね
そしてその情景に目を輝かせるアスナが微笑ましくてニヤニヤし、
トドメと言わんばかりのキバオウさんの物真似にはつい噴き出してしまった;

自分たちのゴンドラを作るためのクエストで、
材料を集める為に奔走することになるのだけれど…
うん、どうやらアインクラッド産の熊は火を噴くようですね。
まあ確かにこれは絶対に熊じゃないな;
そんな熊(仮)との戦闘は当然の如く命懸け…なのだけれど、
適度な緊張感はあっても悲壮感とかそういうのは皆無なせいか、
ついついこれがデスゲームと言うことを忘れかけてしまう。
最初期のアスナの余裕の無さを思えば、随分と適応したもんだと思う。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



   :

ということで今回で第四層のお話が完了。
本編1巻の所まで行くにはあと何年何十年かかるんだろうか;

横線2
<15巻の感想を読む>
<14巻の感想を読む>
<13巻の感想を読む>
<12巻の感想を読む>
<11巻の感想を読む>
<ソードアート・オンライン プログレッシブ2の感想を読む>
<ソードアート・オンライン プログレッシブ1の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。