スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺が生きる意味6【感想】

   
 【作品情報】
 俺が生きる意味6
新世界のレゾンデートル
   著者:赤月カケヤ
   挿絵:しらび
 レーベル:ガガガ文庫

横線1
繰り返される惨劇を生み出していた首謀者は、
摩響たち『神悠言』が神と崇める存在だった。
奴らが世界滅亡を前に娯楽として始めた余興だったのだ。
戦うべき敵を定めた斗和たちは神悠言の本部を訪れる。
そこで知る見えない壁を作り出していた人物の正体。
その元凶となる1人を巡り、滅びの未来を救うためそれぞれの想いが交差する。
ついには惨劇が現実世界すべてを巻き込み、果てしない絶望を生む。
そして明らかになる、斗和の“生きる意味”とは――。

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
来るかどうかもわからない斗和達を
温泉で一時間以上も待つ山田様のお茶目っぷりに噴いた;
読者サービスを兼ねた温泉回はいいけど
そうだよ♂しかいない温泉回とか不思議すぎるわ!

   :

しかし今回はなんというか;

今巻は最終巻…ということで、今までちらほらとしか出てこなかった
シュレディンガーやらフェルマーやらの黒幕勢、
及び斗和やかりも、汐摘心などの正体や、
《魂を狩る幻想生物》を含めた世界の真相など、
様々な謎が一気に明かされて、なるほどなーと思う反面、
僕のへっぽこな理解力だと正直きちんと理解できているのかという怪しい部分もあり。
(というか多分できてない;)

パニックホラー部分についても、
山田様達殺人鬼御一行の暴走や、最後にして最大規模の惨劇など、
かつてないスケールの絶望に心がへし折られそうになったりもするのだけど…
色々とスケールが大きすぎるのと、パニックホラーそのものがメインでないせいか、
残念ながら前巻までほど面白いとは思わなかったんだよなぁ。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



   :

今回はグダグダにも程がある感想でほんと申し訳ないです…。
(内容を上手く噛み砕けてないので内容がまとまらない…;


横線2
<5巻の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。