スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このライトノベルがすごい!2015【感想】

   
 【本日の感想】
 このライトノベルがすごい!2015
   出版:宝島社
横線1

今年もこのラノ発売の時期がやってまいりました。

先日のブログ総括記事やツイッターの方でも公開していますが、
今年は協力者枠で参加させて頂きました。
(今年は宝島社様より献本を頂きました、本当に有難うございます。)

   :

さて、今回の結果をさらっと見てみますと、
1位については去年に引き続き「はまち」がランクインしました。
(世間的な公式略称はほぼ「俺ガイル」になっているようですが;)、
相変わらずの人気っぷりですが、ポイントの内訳を見てみると、
モニター票がやや控えめになってるんですよね。
(それでも去年よりはだいぶ増えてますけど)
結構苦々しい描写もありますから、
モニターの年代層だと受け付けない人もいるのかもしれませんね。
かくいう僕自身もその辺がちょっと苦手な部分もあり、
途中から読んでないですが…;


SAO、禁書はいつものレギュラー陣という感じ。
SAOもさすがに協力者票が落ち着いてきた感じですが、ほんと強いですねこの二作品。

ノゲノラは大奮闘の第三位。
本誌中の対談でも語られてましたが、6巻は屈指の出来でしたからね。
本編より過去編の方が出来がいいというのもある種微妙ですが;
アニメ化の影響も大きいと思います。

後宮楽園球場、ソラリス、この恋、きんカルは今回健闘した新作群。
周囲の評価から、この4作品は上位30位以内には入る、かな?
と漠然と思っていましたが、ここまで上位に食い込んでくるとは思いませんでしたね。
…ちなみに僕はどれも未読だったりしますゴメンナサイ;
(ソラリスは読もうと思ってたんですけど結局ずるずると今まで読めずじまい…;)

アルデラミンは前回から少々順位を落として第十位。
協力者票がだいぶ落ち着きつつも、他の票はあまり伸びなかったのが原因でしょうか。
個人的には一押しの作品ですが、
やはり一般的な知名度や受けはまだまだな部分もあるんでしょうかね。
(刊行ペースは、もっと早く出来るならそれに越したことはないですが、
特に遅いとは僕は思ってません。半年一冊ペースなら十分かと。)

以降は見知った既存タイトルと、新規タイトルがまぜこぜに…という感じですが、
よく見たら30位以内の新規タイトル全部未読ですわナンテコッタ

   :

ちなみに僕が今回投票させてもらった作品は、
31位~60位に3作品程ランクインしてますね。
吸血鬼はもうちょっと善戦するかとも思いましたが…
まあ今回は野村美月作品はちょっと票割れ気味なんでしょうね。
(ヒカルもこの並びにランクインしてますし、
圏外ですが陸千星やドレスも無得票という事はないでしょうしね)

桂香取りは…もうちょっとで30位以内に入れたのに!
この辺はもうどんぐりの背比べレベルのポイント差なのでほんと惜しい限り。
OSOも58位で圏外一歩手前でしたしねぇ;
この二作品はもっと評価されてもいいと思いますがまあ僕の願望ですね、ハイ;
余談ですが投票を悩んだフレイム王国も39位にランクインしてました。ちょっと嬉しい。

…ああ、僕が投票したもう一作品は完全無欠に圏外でした。
うん、投票しといて何ですが、ほぼ間違いなく圏外だろうなとは思ってました。

   :

今回の投票に当たり、投票作品・キャラ・絵描きさん全てにコメントを付けましたが、
採用されたのは作品・キャラ・絵描きさんでそれぞれ1個ずつ、合計3個でした。
投票した時は無い頭捻ってコメント考えたんですが、
改めて見直すと、かなり当り障りのないコメントですね。
ほんとこんな捻りのないコメントですみません…;
ちなみにOSOのコメントの年齢は誤植ですね; イクタ君とメル師匠の方が正解です。

   :

今回は冊子のデザインや構成がリニューアルされたということで、
今までとは違う部分が見受けられました。
一番違いが顕著に感じたのは、やはり投稿コメントでしょうか。
30位圏内の作品が、今までとは裏腹にかなり控えめになり、
その代わり本誌後半の作品ガイドの欄外に、
30位圏外作品のコメントが載るようになったようです。
個人的にはこれは高評価ですね。
今までの仕様で30位圏外の作品のコメントが一切紹介されないのは、
やはりもうちょっとどうにかならないものか、と思っていましたので。
たとえ一般的に人気が低かったり知名度がなかったりしても、
作品に対する思いが感じられるコメントは見ていて気分が良いですし、
「どうせ圏外だろうしコメント考えても載らないから」と
やさぐれる事も減るでしょうしね;

どうせならキャラの方も同じ仕様で良かった気もしますけどね;
投票結果に文句つける気は更々無いですが、
今回の女性キャラ部門のランキング見ると切にそう思ったりはします;
作品部門の1~4位で塗り固められるとかここまで偏るとは;
まあでもコメントについての仕様はこれでも良いかな、とは思います。

あとは、あくまで僕個人の願望の類ですが…(去年から思ってる事でもあります)

作品ランキングの公開範囲をもうちょっと拡大して欲しいのが一点。
レーベルの拡大等に伴って、どんどん投票可能作品も増えているであろう昨今、
60位までしか公開されないのは些か範囲が狭いかな、とも思います。
もちろん上位作品を大きく取り上げるのはそれはそれで何も問題ないですが、
コメントのランキングの壁は取り払われたわけですし、
ランキングそのものももうちょっと幅広く見たいかな、と思った次第です。

もう一点は…作品ランキングの新作と既刊作品の扱いでしょうか。
一応総合ランキングから新作だけを抜き出したランキング一覧もあるんですけど、
あくまでも総合ランキングからの抜き出しですし、
純粋に新作のみで投票を行ったランキングも見たいかな、と。
一人頭で投票できる枠が新作既存作の区分けが無い上での5枠しかない以上、
絶対どこかで偏りが出てしまってるでしょうし。
後は、その年の8月9月とかの投票期間ギリギリに出た新作と、
はまちSAO禁書みたいな超有名タイトルとが同じ土俵でランク争い…というのも、
うん、さすがにちょっと、と思わなくもないですしねぇ;
まあ確かに今回の後宮楽園球場やソラリスみたいに、
いくつかは上位に来るものもあるんですけど、
それでもこれらが1位2位を取ることというのはほぼ無いですし。

ってすみませんあまり取り留めもなく書き殴ってしまいましたが、
結論を言うと投票の時点で新作と既存作とで、
枠を完全に切り分けて投票するようにならないかなー、なんてふうに思っただけです。
勿論先のランキング範囲拡大と違って、
集計方法の問題もある以上そんな簡単に出来る事ではないと思いますし、
新作も既存作もあくまでも商業作品には違いないのだから同じ土俵とすべき、
という意見の方もいると思います。
そもそも既存作しか読まないよ!という人もいると思います。
ですので、まああくまでもこんな考えの人もいますよ、位に思っていただければ;
(別に本気で嘆願しようとか思ってる訳でもないですし;)

   :

ということで繰り返しになりますが、今回は協力者として参加させて頂きました。
正直協力者を名乗れるような目端の利いた投票が出来ていたかはわかりませんが、
少しでも本誌の制作に貢献出来ていたのであれば、これ幸いにと思います。

次も協力者枠参加になるのか、それとも一般になるのかはわかりませんが、
可能な限り来年もまた投票に参加したいと思います。


※なお、今回投票した作品については↓の記事を参照下さい。

横線2
<このラノ2015Webアンケート開催中>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。