スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覇剣の皇姫アルティーナ 小綺譚【感想】

   
 【作品情報】
 覇剣の皇姫アルティーナ 小綺譚
   著者:むらさきゆきや
   挿絵:himesuz
 レーベル:ファミ通文庫

横線1
廷を追われ、辺境の司令官にされてしまった皇姫アルティーナ。
彼女が皇帝を目指ために必要としたのは叡智だった。
覇剣の皇姫が、読書狂の軍師を知った最初の物語――『~前夜~』。
亡き兄皇子の身代わりとして生きる妹フェリシア。
彼女を救う運命の騎士とは――『銀の皇女オーギュスト』。
第三皇子バスティアンと、女王の座を奪われたエリーゼの
新たなる旅立ちを書き下ろし――『明星の誓い』。

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
7巻と同時刊行の短編集。
ということで以下、短編ごとの簡単な感想です。


◆~前夜~◆
アルティーナがシエルク砦に飛ばされて、レジスを登用するに至るまでの小話。

倉庫品の紛失をめぐるトラブルに立ち会ったアルティーナ…ではあるけれど、
この脳筋の娘っ子に真実を探り当てるのは無理があるな、うん;
しかしレジスも、ほんの茶飲み話的に聞いた話に口出ししたことが、
ここまで自分の運命を変えるなんて思ってもみなかっただろうなぁ。

そしてクラリスさんまじ暴君;
(あれは場を諌める目的もあったんじゃないかとは思うけどね;)


◆銀の皇女オーギュスト◆
オーギュスト(フェリシア)とエディの出会いの物語。

とある陰謀からオーギュスト(フェリシア)の護衛をすることになったエディ。
護衛…とは言いながらも、フェリシアとゲームに興じたりしている内に、
フェリシアの事が可愛く思えてきて苦悩する様子が面白すぎる!
フェリシアは女の子だからその感情は全くおかしくなんてないんだけど、
エディはあくまでもオーギュスト(♂)と思ってるからなぁ;
苦悩するのも已む無しではあるんだけど、
「公爵家はもう駄目かもしれない」とまで思いつめるエディの姿は
哀愁さえ感じてしまう…だがそれが面白(ry

元々はオーギュスト(フェリシア)暗殺の為の外堀を埋める為に呼びつけ、
そのままもろとも殺してお終い、となるだけだったはずの皇后の思惑だけれど、
フェリシアに相方を用意して覚悟を決めさせる結果になったのは
ざまぁとしか言い様がない。
まあでも、この良カップリングを成立させた事については感謝しなくもなくってよ?

本編でこの二人を見た時は、こんな裏話があるなんて思わなかったけど、
この話を見たら俄然応援したくなってきたね!


◆明星の誓い◆
4巻のバスティアンとエリーゼの逃避行後のお話。

相変わらずの直情径行気味のバスティアンと、
それに冷静にツッコミを入れるエリーゼの関係性が大変よろしい。
…よろしいんだけど、今回のお話で語らずにおけないのは、
エリーゼよりもロランドの方であったと思う。

先の一件で怪我をしたバスティアンを救護してくれたティラソラヴェルデ家、
そこの本家筋の長男であり、同家に滞在しているロランド。
確かに偏屈気味な性格ではあるんだけど、実はバスティアンと同様の趣味を持っていて、
二人で意気投合して語り合う展開が可笑しいといったらない。
そういえばバスティアンって若干厨二病入ってたものね;
どこかの誰かさんがきっかけで

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


   :

3組のカップリングのお話が、それぞれに面白かった!
しかし今更ながら冷静に考えると、ベルガリアの皇子皇女の相方って、

 アルティーナ → レジス
 バスティアン → エリーゼ
 オーギュスト(フェリシア) → エディ
 ラトレイユ → ジェルマン?

ラトレイユがちょっと不憫に思えてきたのは僕だけだろうか…;


横線2
<8巻の感想を読む>
<7巻の感想を読む>
<6巻の感想を読む>
<5巻の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。