スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルジャン・カレール 下【感想】

  
 【作品情報】
アルジャン・カレール
~革命の英雄、或いは女王の菓子職人~ 下
   著者:野村美月
   挿絵:マニャ子
 レーベル:ファミ通文庫
 私的評価:A+

横線1
若き女王ロクサーヌの治める平和なフロリア。
王都の片隅の小さな菓子屋【パティスリー】には、
今日も劇作家がやっかいごととともに駆け込んでくる。
そんな平和な日々が、不意に揺らぎ始めた。
フロリアの守護神、バルトレオン将軍の遠征失敗によって。
フロリアは再び混沌に呑まれるのか――。
その行く末は、国際会議の席でのロクサーヌの外交、
そしてその席で供されるアルジャンの菓子の力に委ねられた!!

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
後に"菓聖"と呼ばれることになる青年の伝説を描く、ヒストリカル・ファンタジー後編!

開始1P早々から女王様の爆弾発言きたーーーーー!
アルジャンか、相手はアルジャンなのか!?
と、無駄にテンション上がってたけど…デスヨネー; うん、知ってた。
しかし王族とか貴族とかではそう珍しい物ではないのかもしれないけど
(そもそも建前上の要素が強いという部分もあるんだろうけど)、
自分より年上の相手が養女というのも中々に違和感;

ロクサーヌの養女となってシーザリオ公国に嫁ぐことになったシュゼットと、
アルジャンの間にはどうも何かしらの秘密がありそうで。
二人の間に何かただならぬ空気の様なものを感じるのだけど、
またそれを"そっち方面"に勘違いするオーギュストが面白い。
ほんと思い込みが激しいなこのお調子者は;
でもそうやってシュゼットに目を光らせていたから、
彼女の危機を(主にアルジャンが)救うことが出来たのだと思うと、
オーギュストの無駄に高い行動力も捨てたものじゃないなぁとも思ったり。
アルジャンのシュゼットへの贈り物も凄く良かったなぁ。
アルジャンの性格的にも立場的にも、表立っての会話は殆ど無かったけれど、
きちんと思い出は共有できていることに、心が暖かくなる。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


   :

上巻も面白かったけど、下巻はより面白かった!
一応、二割程は実際の史実が元になっている、ということだけど、
特にその辺を知らなくても普通に楽しめました。

ちなみにロクサーヌとアルジャンの関係と生き様も非常に良かったのだけど、
実はアルジャンとオーギュストの関係はもっと好きだったりする。
個人的に下巻の話では、
「おしゃべりな劇作家が無口な菓子職人に名前を呼んでほしいだけの小話」が一押し。
オーギュストは友達だと思ってるのに、
アルジャンにはまともに名前すら呼んでもらってもいない事から、
名前を呼んでとアルジャンに詰め寄るオーギュストのヒロインっぽさと
それをソフィーに色々と勘違いされる展開に笑いが止まらなかった。
でもその後の、アルジャンの用意した新作が…という展開がまた美味しいんだよなぁ。


横線2
<上巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。