スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルジャン・カレール 上【感想】

  
 【作品情報】
アルジャン・カレール
~革命の英雄、或いは女王の菓子職人~ 上
   著者:野村美月
   挿絵:マニャ子
 レーベル:ファミ通文庫
 私的評価:A

横線1
革命とその後の混乱を経て、平和を取り戻したフロリア。
その王都パリゼの隅で、劇作家のオーギュストは
小さな菓子屋【パティスリー】を見つける。
そこは魅惑の菓子で溢れていたが、無愛想な銀髪の店主は何やら怪しげで、
すわ革命派の残党か、或いは盗賊かと疑うオーギュストだったが……!?

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
後に"菓聖"と呼ばれることになる青年の伝説を描く、ヒストリカル・ファンタジー。

劇作家のオーギュストがたまたま見つけた小さな菓子屋・パティスリー。
店主であるアルジャンに対して、無愛想だ鉄面皮だぶつくさ言ってるんだけど、
アルジャンの作るお菓子自体は非常に気に入っていて、
連日のように店に入り浸っているのが可笑しい。
(劇作家としてアルジャンの素性の詳細を知りたい…と思ってる部分もあるんだけどね)
お調子者ではあるんだけど、憎めないキャラなんだよねオーギュストって。

アルジャンもアルジャンで、オーギュストから無愛想だと言われるように、
表面的には何考えてるのかよくわからないし、
言葉遣いも(とりわけオーギュストには)キツめなんだけど、、
なんだかんだ根は優しいんだよね。
ニノンの事もそうだし、オーギュストが一目惚れしたシスターの為に
チャリティー劇を行った時のいざこざでも、
オーギュストの株が上がるように上手く後詰めをしてくれたりと、
なかなかニクい事をやってくれるんだよなぁ。
べた褒めされると「…そうか」とか言って背中向けるのには
ついにまにまとした笑いが表に出てしまうし。
まあ教会の件については、結果として肝心のシスターが
オーギュストよりアルジャンに心惹かれた感じになってるのには
それとはまた別の笑いが出てしまったけど;

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


   :

ということでこのお話はこれで半分。
上下巻構成のようだから、もうちょっと露骨に
「下巻に続く!」な感じかと思ったら意外とそうでもなかったね;
(いやどっちにしてもすぐ続き読むけども)



とりあえずニノンちゃん妹か娘に貰っていいですk

横線2
<下巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。