スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルティメット・アンチヒーロー【感想】

   
 【作品情報】
 アルティメット・アンチヒーロー
常勝無双の反逆者
   著者:海空りく
   挿絵:Nardack
 レーベル:講談社ラノベ文庫
 私的評価:B+

横線1
神代焔はかつて世界中の軍隊を滅ぼした
魔界からの侵略者《魔王》をたった一人で討伐した英雄だ。
しかし彼はあまりの強さに権力者達から疎まれ
『反逆者』の濡れ衣を着せられ社会から追放される。
それから数年後、焔は訳あって魔術師学校に入学し
『お荷物小隊』と揶揄される少女達の面倒を見ることに。
少女達を導き瞬く間に学園最強の小隊に成長させる焔。
彼の強さと優しさに心惹かれていく少女達。
だが世界に再び《魔王》が襲来するとき少女達は知る。
『本物の最強』にとって仲間とは戦友ではなく、守るべき弱者でしかないのだと!

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
「落第騎士」の海空りくが贈る、常勝無敵(アルティメット)ファンタジー開幕!

異界から不定期に悪魔が襲い来る世界。
かつて世界を遍く滅ぼし、総人口を2割まで減らす原因となった《魔王級》の悪魔を、
単騎で討伐したという主人公・神代焔。
ともすれば稀代の英雄として祭り上げられてもおかしくないのだけれど、
あまりにも強大過ぎる力を持つが故に、その力の大部分を封印され、
挙句の果ては反逆者の汚名を着せれれているというのが辛いなぁ。
確かに強すぎる力が畏怖の対象になる事自体はわからなくもないけど、
そんな汚名を着せてまで社会的に抹殺しようとする
「統一世界政府」とかいう世界のトップ組織に反吐が出る。
しかも焔自身が、自分がそういう目で見られる事を理解して
その立場を甘んじて受け入れている…というのがなんかもう、ね。
といっても当人は飄々としたものなんだけどさ;

そんな焔がとある知り合いの頼みで、新東京魔術学園の101実習小隊、
通称お荷物小隊なんて呼ばれる小隊のメンバーとして、
小隊の面倒を見ることになるんだけど、"とある理由"で本来の実力が発揮できず、
足手まといと思われている一ノ谷ちこりの実力をわずか1日で開花させ、
小隊のリーダーにしてS級魔術師の星河純華と、
決闘が出来うるレベルまで引き上げる展開が熱い。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


   :

主人公の力が圧倒的すぎて、対悪魔戦に関してはちょっと物足りない印象はあるかな。
でもそれ以外の部分は好きだし、
海空さんらしい熱い展開もあるし総合的にはまずます満足。
(現状ではどうしても落第騎士の方に軍配があがってしまうけど;)
今後はその規格外な能力を物語としてどう活かすかが、
面白さの分かれ目になってきそう。

横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。