スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天鏡のアルデラミン6【感想】

   
 【作品情報】
 
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン6
   著者:宇野朴人
   挿絵:竜徹
 レーベル:電撃文庫

横線1
軍事クーデターが起こり、カトヴァーナ帝国内でイグセム派とレミオン派が激突する。
それはイクタたちにも影響を及ぼし、
イグセム家のヤトリは父のもとに戻るべく、騎士団を離脱。
またレミオン家のトルウェイは、父と対峙することを決意。
そしてイクタは、父バダ・サンクレイの残した
独立部隊「旭日連隊」を率いて、内戦を収めようと立ち上がる。
激しく揺れる帝国で、それぞれの想いを胸に戦場を走る少年少女たち。
彼らの未来に希望はあるのか…?

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
波乱必至の三つ巴戦!

トルウェイの父、テルシンハ・レミオン一派によって引き起こされた軍事クーデター。
各種要所の封鎖を始めとする、入念な準備と手際は見事…ではあるけど、
小隊規模の風銃兵の包囲を単騎規模で突破するイグセムのチート具合がヤバすぎる;
まあソルヴェナレスだけならともかく、
ヨルンザフなんていうもう一人のイグセムが加勢してきたのは
レミオン一派にとっては不幸中の不幸もいいとこだよなぁ。
しかしこの爺さんほんとにイグセムの血筋なのか主に血気盛ん過ぎるという意味で;
(作中でも側近ぽい人に突っ込まれてはいたけどさ;)

そんなレミオンとイグセムの喧嘩の仲裁をすべく、帝国にとんぼ返りしてきたイクタ達。
それぞれのトップと同じ交渉テーブルに付き、
お得意の話術と詐術で妥協点を提示していく様子はさすがイクタと思わせると同時に、
今までとは絶対的に異なる立ち位置に
一方ならぬプレッシャーを受けている事も見て取れるのが辛いなぁ。
それもこれも突き詰めればヤトリの為、という事なのだろうけど、
本当にこの二人の間には一体どれだけの"モノ"があるというのか。
(前の巻でも度々思ってはいることだけど)

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


   :

このクーデターが行き着く先はどこなのか、相変わらず続きが物凄く気になる!


横線2
<7巻の感想を読む>
<5巻の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。