スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリストクライシ3【感想】

   
 【作品情報】
 アリストクライシIII
with you
   著者:綾里けいし
   挿絵:るろお
 レーベル:ファミ通文庫

横線1
大都市ロミニアでは祭のような喧騒の裏で、
少女ばかりを狙う連続殺人鬼「吸血鬼」の噂が流れていた。
エリーゼとグランはそこに『穴蔵の悪魔』の影を見、
正体を探るも自分達が「吸血鬼」とされ投獄されてしまった!
脱獄を考える二人の前に現れたのは、義賊を名乗る少女達。
「吸血鬼」討伐で利害の一致したエリーゼは、しばし少女義賊に身を寄せるのだが、
この出会いが彼女に絶望をもたらすものとなり――。

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
儚く哀しい化け物達のダーク・ファンタジー、終幕。

と、ダークはダークなんだけど、
やはりエリーゼとグランのどこかズレた掛け合いが楽しいなぁ。
大真面目にボケ(?)をかますグランとそれに律儀にツッコむエリーゼが面白い。
大筋が重苦しい話だけに、余計にそういう部分が際立つだけなのかもしれないけど、
ちょっと綾里さんのコメディ作品とか読んでみたいと思うのは僕だけか;
(前にもどこかでそんなことを言ったような気がするけれど)

アリシアの勧告に従い、二人が訪れた大都市ロミニアでは、
連続殺人鬼──通称吸血鬼の噂で持ちきり。
ひょんなことから知り合った、少女義賊達と共闘関係を結び、
調査を進め、エリーゼとグランの意外な才能(笑)に軽く噴き出しつつも、
その過程で生じている違和感がむず痒い。
そんな状況で、更にはユージーンの側近であるジャンナがエリーゼを処刑しに来たりと、
次々と増えていく問題に頭を抱えたくなる。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


   :

ということでアリストクライシはこれにて閉幕。
売上が芳しくない故の打ち切りということで、
なんとも世知辛い大人の事情が嫌になってくるなぁ。
(商業作品である以上止むを得ない部分ではあるんだけど…)
4巻まで出して別の結末に…という案もあったらしい事を考えると、
売上が絶望的だったという訳でもないんだろうけど、
打ち切り確定の時点で大した慰めにはならないしねぇ;

とはいえどうこう言っても状況が変わるわけでなし、
B.A.D.の方も後チョコレートデイズ1冊で終わりみたいだし、
次の新作に期待を馳せる事にしましょうかね。

横線2
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。