スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佳麗なるソードマスターと最強なる不肖の弟子【感想】

   
 【作品情報】
 佳麗なるソードマスターと最強なる不肖の弟子
   著者:蝉川タカマル
   挿絵:日鳥
 レーベル:電撃文庫
 my評価:A-

横線1
地図にもない島からきた少年。
暴漢に襲われている少女を助けようとするが逆に助けられてしまう。
硬い口調に凛々しい美貌。変わった少女だが、それもそのはず。
剣神と謳われた武人の娘ハルカだという。
ハルカは大陸でも有数の大流派、武王流の宗主争いに巻き込まれていた。
当然助力を申し出るシロガネだったが、
その結果はハルカにまず弟子入りすることになり!?

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
剣と拳とたまに魔法っぽい何かの武侠モノ!
と自分で言っててよくわからないキャッチフレーズになってしまった;
(でもだいたいそんな感じ)

死んだ祖父から託された指輪の謎(?)を解明するために
片田舎から一人旅立ってきた少年・シロガネ、
(挿絵的にあんまり少年っぽくない気もするけど気にしてはいけない)
かつて"剣神"とまで言われた武人の娘である天才剣士・ハルカ、
そしてその剣神を付け狙ってくる刺客。
ハルカの元で修行を重ねつつ、ハルカと共にその刺客達と戦っていくという、
シンプルではあるけれど、それ故に良い意味でわかりやすく、燃える展開に心踊る。

このシロガネという主人公、物凄くバカでお調子者で、
対武人戦における切り札的な技こそ持ってはいるものの、
ぶっちゃけそれほど強くもない。(むしろ武人の中では最弱クラスだと思う)
でも少しでもハルカ達の力になろうと、
必死で修行を積み重ねていく姿に胸を打たれるんだよなぁ。バカだけど。

ただ正直な事を言うと、もうちょっと突き抜けた何かがあると良かったかなぁ。
そりゃまあ別の作品である以上、比べるのもナンセンスなのだとは思うけど、
それでもどうしても「青春ラリアット」と比べてしまうんだよね;
青春ラリアットの突き抜け加減と比べると、
やっぱりちょっとこじんまりとした印象も受ける。
(といいつつごめんなさい、ちょっと思い出補正(?)入ってるかも;)

後は最終戦がちょっとあっさりしてたかなぁ、とも。
ぶっちゃけ最終戦よりそのいっこ前のツクモ&シアン戦の方が面白いというのが;
一度は手痛い敗北を喫したツクモとシアン相手に再戦を挑み、
ハルカvsツクモ、シロガネvsシアンという形で相対する…という方が、
見せ場としては正道であるだけに。最終戦自体結構唐突だったしね;

決して嫌いではないけれど、もう一押しが欲しい…という感じの作品でした。

   :

そして脅威の野郎率…モブ以外だとヒロインのハルカしか女性キャラがいねぇ;

横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。