スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋葉原ダンジョン冒険奇譚3【感想】

   
 【作品情報】
 秋葉原ダンジョン冒険奇譚3
   著者:中野くみん
   挿絵:桑島黎音
 レーベル:オーバーラップ文庫

横線1
世界最強パーティーの呼び声の高い<ワルキューレ>が
秋葉原ダンジョンを探索するため訪日。
<ワルキューレ>の強さに圧倒されていた祥真たちの前に、
秋葉原ダンジョン史上かつて無いピンチが訪れる!
これまでダンジョン内にしか出現しなかったモンスターたちが、
ダンジョンの外部に出てくるという事態が発生。
その対応に秋葉原ダンジョンに所属する冒険者達が力を結集する!
秋葉原ダンジョン存亡を賭けた戦いが始まる――。

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
幼馴染襲来!
ああうん、前巻でもそのネジの外れっぷりの片鱗は見えていたけど、
実際に本格的に登場すると…これは相当キてますわ;
祥真の事を好き好き大好きなのは分かるのだけれど、
あまりにも好きすぎてさしもの僕でも軽く引く;
おまけに祥真と自分の仲間以外の扱いが、あまりにも雑すぎたりもするのだけど、
でも如何に一途に祥真を想ってるかは読んでて伝わってくるので。
決して悪感情は抱かないんだよね。

秋葉原ダンジョンに襲い来る最大の試練。
ダンジョン内の転送装置を用いて、大量のモンスターが次々とダンジョン外部に出現し、
冒険者でもなんでもない一般人や観光客達に襲いかかる悪夢に戦慄する。
けれどそんな圧倒的な戦力差を前にしても決して引かない冒険者達や、
冒険者でもないのに守るべきものの為に必死で立ち向かう店員達の心意気に
これでもかと胸を打たれる!
そしてぶつくさ言いながらも、そんな皆の姿に影響を受けて協力してくれる
プラチナアクトのメンバーがまた美味しい。まあ決して悪い人達じゃないんだよね。
最終的には祥真達も合流し、本当に満身創痍の重傷者多数ではあったけど、
奇跡的に死者数0という事にほっと胸をなでおろす。
しかしこのネコ耳メイドとんでもなく強いな…;

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


…なんてことを思いつつも、本シリーズはこれにて完結。
というかやっぱり打ち切rなんですかね
なのでまあラスボスとの決着のオチはあれで已む無しということなのだと思う。
そしてきちんと続くのならば、祥真達のこれからの成長や、
アーシェラの家の話もあったりしたのだろうけど、ね。ああ残念。

しかし最終巻くらい表紙に莉央登場させてあげても良かったのではと思わなくもない;
あれか、戦力外通告された野郎のブタ野郎なんざお呼びでないというソレか
それとも胸触っても女と気付かれなかったクリスの怒りによるものなのか

横線2
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。