スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレイム王国興亡記2【感想】

   
 【作品情報】
 フレイム王国興亡記2
   著者:疎陀陽
   挿絵:ゆーげん
 レーベル:オーバーラップ文庫
 my評価:A+

横線1
テラの改革を成功させ、さらに発展させるべく奔走していた浩太の元に
商業国家『ソルバニア』の王・カルロス1世より、招待状が届けられた。
辣腕と名高いカルロス1世と対面を果たした浩太は、
王が次々に切ってくる交渉カードに翻弄されてしまう。
ニセ札、大国の信用力、そして幼女!?
強国『ソルバニア』の圧倒的パワーを前に、
『テラ』の命運を駆けた浩太の決死の交渉が始まる――。
「さあ、コータ。泣いて――縋りつきや?」
普通の『銀行員』浩太が挑むテラ再建計画はまだまだ道半ば。
一難去ってはまた一難で一筋縄ではいかない!
未来への希望と決意が紡ぐ物語、第二幕。――『運命』は覚悟ある者にこそ微笑む。

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
寂れた田舎の建て直しが軌道に乗ったと思ったら、
今度は商業国家のソルバニア国王との対面。
前巻で辣腕を見せた浩太ながらも、
さすがに商業大国のトップ相手ともなればなかなか思うようには行かず、
腹の探り合い、カードの切り合いがたまらなく面白くも、同時に心臓に悪い。
カルロス1世とフィリップのやりとりはどこの漫才だよ!という体なのだけど、
やはり一国のトップともなると一筋縄じゃないかないよなぁ。
しかし末恐ろしいのはカルロス1世じゃなくて、娘のソニアの方だけれど…。
10歳でこの聡さとか本気かよと思ってしまう。

魔王と揶揄される浩太だけれど、それでも子供には勝てないようで…;
リタのなんだか妙に生々しいままごとに付き合わされる浩太の姿は
魔王の異名はどこへやら、という感じでつい噴き出してしまう。
それと女性の嫉妬にも勝てないようで…;
エリカも怖いけど何よりエミリさんおっかなすぎですわ…;
でも今巻のヒロインはエリカだろうなぁ。
浩太の影響を受けまくりなエリカの姿にニヤニヤするね!

   ;

ソニアに失望されながらも浩太が切った対ソルバニアのカードが、
これからどう転がっていくのか次巻以降も楽しみ。

横線2
<3巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。